レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

マールM&Aセミナー

マールM&Aセミナー

お申込み受付中のセミナーは2件です

            
タイトルオープンイノベーションを目指す事業会社のための実践的ベンチャーM&A戦略
~Corporate Venturing・オープンイノベーションの課題15選と真に必要な打ち手「M&A」~
開催日時9月11日(水)15:00~
講演者秋元 信行氏(トランスリンク・キャピタル マネージング・パートナー)

タイトル【追加開催!】M&A実務担当者が押さえるべき、M&A法務の「今さら聞けない基本のキ」~M&Aの各フェーズで直面する実務の勘所とツボ~
開催日時8月22日(木)15:00~
講演者勝間田 学 弁護士(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士・NY州弁護士)

第29回 マールM&Aセミナー
オープンイノベーションを目指す事業会社のための実践的ベンチャーM&A戦略
~Corporate Venturing・オープンイノベーションの課題15選と真に必要な打ち手「M&A」~


マールM&Aセミナーは、マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家、事業会社のトップを講師としてお招きし、実務上の留意点、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続きなどについてご講演いただく企画です。講師の方が登場された座談会やインタビュー、あるいは執筆の内容について、直接、ご本人にお聞きすることもできます。

過去のセミナーにつきましては、こちらからご覧ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

講演者
秋元 信行氏
(トランスリンク・キャピタル マネージング・パートナー)
日 時2019年9月11日(水) 15時00分~17時00分
概 要

日本の大手事業会社によるCorporate Venturing、オープンイノベーションに対する取り組みは1990年代後半からスタートし、今や空前の大ブームとなっております。他方で当該活動を推進するにあたっての課題は当時も今もほとんど変わっておらず、一定期間当該活動に従事した方はその難しさを痛感されているのではないかと思います。それらの課題は戦略論、組織論、人事論等多岐にわたりますが、本講座では、それらの中で特に重要と思われる15の課題と、その解決策を紹介させていただくととともに、新たな価値創造のために極めて重要な打ち手であるM&Aの必要性について紹介させていただきます。一方通行のセミナーではなく、どうすればCorporate Venturing、オープンイノベーションによって新たな価値創造を実現できるかを議論する場にしたいと考えております。

■Corporate Venturing・オープンイノベーションの課題15選
 ・戦略的リターンと財務的リターン
 ・多数決合意形成による「エッジにヤスリがけ」
 ・ポエム化
 ・手段の目的化 等

あきもと・のぶゆき
1987年4月日本電信電話 入社
1999年10月NTTドコモ 入社
2000年1月DoCoMo USA Labs COO(Palo Alto, CA, US)
2005年5月DOCOMO Capital President & CEO(Palo Alto, CA, US)
2013年4月NTTドコモ・ベンチャーズ 取締役副社長
2016年7月NTTドコモ スマートライフビジネス本部 グローバルサービス推進室長
2017年7月トランスリンク・キャピタル マネージング・パートナー(現職)
2018年7月AT PARTNERS、CO-Founder and Managing Partner(現職)

参考記事

[M&Aの現場から]【トランスリンク・キャピタル】シリコンバレーの有力VCが日本での活動を本格化 [2019年8月号]

[座談会]企業の成長戦略とCVC活用の実際 [2015年4月号]

[M&Aの現場から]【NTTドコモ・ベンチャーズ】 NTTグループの好敵手になり得るようなベンチャーに投資をしたい [2013年10月号]

参加費
(税込)

【無料会員様】22,000円
【有料会員様】M&A専門誌「マール」購読者
・A/B/EXコース6,000円
・Cコース10,000円
レコフM&Aデータベースご契約者6,000円


・M&A専門誌「マール」のお申込みは こちら から
・レコフM&Aデータベースのお申込みは こちら から
定 員

30名(先着順)

※お申込多数の場合は、IDごとにご参加の人数を制限させていただく場合がございます。
※お申込み確認後、改めて弊社担当者よりご連絡させていただきます。メールが届かない場合は、お手数ですが弊社までご連絡下さい。
会 場

株式会社レコフデータ セミナールーム

東京都千代田区麹町4-1-1 麹町ダイヤモンドビル9F(地図はこちら

第29回セミナーお申し込み

<残席あとわずか>
第28回 マールM&Aセミナー
【追加開催!】M&A実務担当者が押さえるべき、M&A法務の「今さら聞けない基本のキ」
~M&Aの各フェーズで直面する実務の勘所とツボ~

ご好評につき、追加開催いたします。(本セミナーは7月10日開催のセミナーと同一の内容です。)

今回は、開始時間が15時00分となります。ご注意ください。

7月10日に開催したセミナーは、会場も満員となり大盛況のうちに終了しました。
参加者の皆様からは大変有益で参考になったとの声が寄せられ、質疑応答では実例に即した問題についての質問に対し、勝間田先生が真摯に回答されるなど、非常に活発でした。

参加者の皆様の反響の大きさと定員超過のため多くの方のお申し込みをお断りせざるを得なかったことから、同一の内容でセミナーを追加開催することにいたしました。

前回参加できなかった方を含め、多くの皆様のご参加をお待ちしております。
定員に限りがございますので、お早めにお申し込みください。

マールM&Aセミナーは、マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家、事業会社のトップを講師としてお招きし、実務上の留意点、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続きなどについてご講演いただく企画です。講師の方が登場された座談会やインタビュー、あるいは執筆の内容について、直接、ご本人にお聞きすることもできます。

過去のセミナーにつきましては、こちらからご覧ください。

講演者勝間田 学 弁護士
(アンダーソン・毛利・友常法律事務所 パートナー 弁護士・NY州弁護士)
日 時2019年8月22日(木) 15時00分~17時00分
概 要

M&Aは、企業価値向上のツールとして広く一般化し、また、法務部門、経営企画部門、事業部門などが、広くかかわる一般的な業務になったといわれております。
他方で、難解な用語、複雑な規制、長大な契約書、非公開の実務プラクティス、さらには、日々進む法改正や変化する最新実務の把握など、担当者にとってハードルの高い分野ともいえます。解説書も多数出版されていますが、業務多忙な中、なかなか手が回らないという声もしばしば耳にしますし、いわゆる「座学」を超えた「現場力」養成が容易ではない分野ともいえます。
本講座では、経営企画部門、事業部門、法務部門など、M&Aにかかわる(あるいは、かかわることになった)担当者が、最低限押えるべき、M&A法務の「基本」をわかりやすく、解説いたします。
さらに、法律の解説を超え、M&Aの各フェーズ(担当者として直面する現場)で「ハズせないポイント」を「どのような視点」で検討すべきか(勘所とツボ)について解説し、M&A法務の「現場力」を養成することを目指します。
そのうえで、「事業統合」、「合弁」(ジョイントベンチャー)、「上場会社の買収」、「ベンチャー投資」など、特徴的な性格を持つM&Aの各類型のポイントについても可能な範囲で言及したいと思います。

(一例)
・契約書の効率的な読み方(流し読みの仕方)と「ハズせないポイント」
・応用編:英文契約書の効率的な読み方
・社内の他部門と連携すべきポイント(社内的リスクヘッジ)
・経営陣への説明のポイント

かつまた・まなぶ
2001年3月一橋大学法学部卒業
2002年9月最高裁判所司法研修所修了
2002年10月森・濱田松本法律事務所(旧・森綜合法律事務所)入所
2008年6月米国シカゴ大学ロースクール卒業

2008年8月
~2009年7月

英国ロンドン市のHerbert Smith Freehills(旧・Herbert Smith)法律事務所にて執務
2011年1月アンダーソン・毛利・友常法律事務所入所

参考記事

M&Aの現場における実務プラクティスの重要性 ~「公正なM&Aの在り方に関する指針」に思う~ [2019年7月号]

参加費
(税込)

【無料会員様】22,000円
【有料会員様】M&A専門誌「マール」購読者
・A/B/EXコース6,000円
・Cコース10,000円
レコフM&Aデータベースご契約者6,000円


・M&A専門誌「マール」のお申込みは こちら から
・レコフM&Aデータベースのお申込みは こちら から
定 員

30名(先着順)

※同業他社様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合があります。
※お申込多数の場合は、IDごとにご参加の人数を制限させていただく場合がございます。
※お申込み確認後、改めて弊社担当者よりご連絡させていただきます。メールが届かない場合は、お手数ですが弊社までご連絡下さい。
会 場

株式会社レコフデータ セミナールーム

東京都千代田区麹町4-1-1 麹町ダイヤモンドビル9F(地図はこちら

第28回セミナーお申し込み

お問い合わせ

電話番号03-3221-4942
メールアドレスmarr@recofdata.co.jp
フォームお問い合わせフォーム

過去のセミナー


その他のセミナー

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム