レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

日本企業のM&Aの検索、集計が自由自在。
TOB詳細情報も収録。

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aをどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。
日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツールとして、M&A業務に携わる方々、企業経営者、研究者の必須アイテムです。

「レコフM&Aデータベース」トライアルのお申し込み

ベーシック版とオプションについて

ベーシック版

1996年以降の「M&Aデータ」、「グループ内データ」、「M&A関連データ」を収録。
新規データを3営業日後に更新。追加データは1営業日後に更新しています。
※M&A、M&A関連データのすべてのTOB案件が含まれます。
また、抄録(要約文)のコピーが可能なので必要な文章をお手元の資料などに貼り付けることができます。

  • 01M&Aデータ
  • 02グループ内データ
  • 03M&A関連データ
  • 04デイリー更新機能
  • 05抄録コピー機能

オプション

ベーシック版に以下オプション機能を追加することができます。(別料金)

01防衛策データの追加収録
(約1,200件)

防衛策データを追加収録します。
事前警告型、信託型ライツプラン、その他に分類し、導入時や発動時の手続き、対抗措置の内容などをまとめています。

SPEEDA RECOF

「レコフM&Aデータベース」と「SPEEDA」をご利用のお客様が各コンテンツ内を自由に行き来し、閲覧する事が出来るサービスです。
※別途「レコフM&Aデータベース」及び「SPEEDA」のご契約が前提条件になります。

SPEEDA RECOF 詳細へ

特徴と機能

特長1検索機能が充実
企業名、業種、国籍、マーケット、形態、キーワードなどで絞込み、個別企業のM&A戦略や業種ごとのプレーヤーの動向を知ることができます。検索結果一覧表は、エクスポートすることができます。
特長2集計機能が充実
絞り込んだ案件をマーケット別、形態別、業種別などに集計することができます。集計した統計表は、エクスポートすることができます。これを活用し、年別の金額ランキングなどを容易に作成することができます。
特長3抄録(要約文)が充実
1案件に抄録(要約文)がついています。当事者の属性、スキーム、M&Aの目的などをまとめています。その後のスキーム変更やTOBの動向、敵対的M&Aの攻防なども随時、追加・更新しています。
特長4TOB情報が充実
TOB事例は、その詳細情報をご覧になれます。買付金額、プレミアム率、成立・不成立などのデータを、状況の進展によって、随時追加、修正しています。
特長5企業の組織再編戦略も一目瞭然
企業名で検索すると、過去のM&A戦略のほか、100%子会社化、分社・分割、持株会社化などのグループ組織再編を含め、一覧で見ることができます。あわせて、防衛策の導入状況もわかります。

契約料について

契約料については下記のお問い合わせフォーム、または電話にてお問い合わせ下さい。

料金を問い合わせる
電話番号:03-3221-4910 営業部:五頭(ごとう)、重田、長谷川まで
※平日 9:00〜17:00(土日祝日、年末年始は除く)

収録データと取り扱い項目

収録データ

ベーシック版

M&AデータM&AM&Aとは、既存の経営資源の活用を目的に企業や事業の経営権を移動することをいう。経営参画につながる株式取得も含む。資産、負債の移転を伴わない単なる業務提携は除く
グループ内M&A日本企業が当事者となるM&Aのうち、当事者が親会社と子会社、または筆頭株主と関連会社の関係にあるなど、意思決定の主体が実質的に同一とみられるもの。ただし、当事者1、当事者2とも上場企業同士の場合はM&Aデータとする
M&A関連データ子会社株式取得100%化
すでに50%超出資または子会社化している会社を100%子会社するもの
買い増し
すでに50%超出資または子会社化している会社の株式を買い増しするもの
分社・分割企業が、事業を分社したり、会社分割制度を利用して新設会社に事業を移管したりするもの
持株会社企業が、株式移転、会社分割制度などを利用して、持株会社を設立するもの
外国企業日本法人
外国企業日本法人同士及び外国企業日本法人と外国企業が当事者となるM&A
日本企業資本参加
日本企業が資本参加している外国企業が当事者となるM&A
外国企業株式売却など
日本企業が資本参加している外国企業の株式を、ほかの外国企業に売却するもの。外国企業同士のTOB案件であるが、日本で届出したものも含む

オプション

防衛策データ上場企業が会社法(旧商法会社編を含む)の仕組みを利用して構成した防衛策を取り上げる。事前警告型、信託型ライツプラン、その他に分類する。導入時や発動時の手続き、対抗措置の内容などをまとめている。

取り扱い項目

  • 企業名
  • 国籍
  • 所在地
  • 業種
  • 上場
  • 未上場など(上場の場合、 株式市場、 証券コード)
  • マーケット
  • 形態
  • 金額
  • 出資比率
  • ディールの要約 など

お問い合わせ

お問い合わせフォームもしくは株式会社レコフデータまで電話でお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム
電話番号:03-3221-4910 営業部:五頭(ごとう)、重田、長谷川まで
※平日 9:00〜17:00(土日祝日、年末年始は除く)

動作環境(推奨環境)

CPU
Core 2 Duo 1.8GHz クラス以上推奨
OS
Microsoft Windows8 日本語版
Microsoft Windows7 日本語版
Microsoft WindowsVista(ServicePack2)日本語版
メモリ
2GB以上を推奨
ハードディスク
100MB以上の空き容量
ディスプレイ
1280×1024ドット・256色以上の表示が可能なディスプレイ
ソフトウェア
ブラウザ InternetExplorer 8以上
Google Chrome バージョン24以上
Firefox バージョン18以上
Adobe Flash Player 10以上
Microsoft Excel 2003 以上
Adobe Acrobat Reader 8.0以上
インターネット環境
必須(光ブロードバンド推奨)
グローバルアドレス
必須 ※レコフデータのサーバへアクセスする際にIP認証を行います。
その他
データ印刷時には、上記OSに対応したプリンターが接続されている必要があります。
Javascript、Cookieは利用可能にしてください。
M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム