レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[視点]

2008年6月号 164号

(2008/05/15)

発行会社側の委任状争奪戦での留意点

レコフ 日置 了

最近、いわゆる「モノ言う株主」の増加とともに委任状争奪戦が急増しつつある。
昨年2月の東京鋼鉄の事例以降、委任状勧誘の結果として、現経営陣が敗退するケースも出始めている。昨年12月には、委任状争奪戦に関して注目すべき判決が出された。委任状争奪戦の末、モリテックスが株主総会に提案した役員選任議案は可決されたところ、その決議が、委任状勧誘を行ったIDECにより提起された決議取消訴訟において取り消された(以下「モリテックス事件」)。
株主による委任状勧誘が実施された発行会社の経営陣には、委任状争奪戦に対する対策が求められている。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第5回】リスク指標としての分散・標準偏差、ポートフォリオ投資によるリスク分散

スキルアップ

[【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)]

NEW 【第5回】リスク指標としての分散・標準偏差、ポートフォリオ投資によるリスク分散

鈴木 一功(早稲田大学大学院 経営管理研究科<早稲田大学ビジネススクール>教授)

シダックス<4837>、ユニゾン・キャピタルと資本業務提携

速報・トピックス

【第2回】北洋銀行 ソリューション部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」(日本政策投資銀行)]

NEW 【第2回】北洋銀行 ソリューション部

日本政策投資銀行 企業戦略部

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム