[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2010年10月号 192号

(2010/09/15)

中国資本と組んだ日本企業

  • A,B,EXコース

1 中国最大の家電量販店と組んで再建を図るラオックス

上海で話題を集めた「音楽箱」

万博開催で注目を集めている上海は、毎年「上海国際楽器展覧会」が開催されるなど、中国における音楽の中心地でもある。その上海の中心、浦東地区にある蘇寧電器「浦東第一店」の1階に今年6月18日、「MUSICVOX(中国語名「音楽箱」)上海遠東店」がオープンして話題を集めた。売り場面積700平米。エレキギター、アンプ、電子ピアノなど、日本ブランドはもちろんのこと、世界の有名ブランド150種以上、2000アイテムが並ぶこの店は、LM(ライト・ミュージック)楽器の取扱いで中国No.1の店舗を目指すという。
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング