[データで見る]

2011年3月号 197号

(2011/02/15)

投資会社のM&A動向

  • A,B,EXコース

2010年の日本企業に対する投資会社のM&A件数は139件と、09年の149件から6.7%減少した。ピークをつけた07年の約3分の1にまで落ち込み、総件数に占める割合は8.1%と、09年に続き1割を下回った。139件中、国内系(IN-IN)は110件で前年比0.9%減少、外資系(OUT-IN)は29件で前年比23.7%減少した。また、バイアウト系案件(買収、事業譲渡)も54件と、ピークの07年から半減している。リーマン・ショックによる金融危機から2年以上が経過したものの、引き続き投資の動きは停滞しており、投資先の業績低迷のため投資回収(エグジット)できないファンドが増えているのが現状だ。なかには、海外企業の買収にシフトし、投資残高の拡大を目指すファンドもでてきているが、まだ初期的段階だ。一方で、大手銀行を中心に新規ファンド組成の動きもある。市場が縮小するなかで、ファンドの再編、淘汰がますます進みそうだ。
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング