[アンケートでM&Aのプロに聞く]

2012年2月特大号 208号

(2012/01/17)

アンケートでM&Aのプロに聞く 2011年の総括と2012年の動向予想

  • A,B,EXコース

2011年の日本企業のM&Aは1687件、10兆4956億円と、金額ではIN-OUT(日本企業による外国企業へのM&A)、OUT-IN(外国企業による日本企業へのM&A)で大型案件が登場し、前年比57.8%の大幅増加となったが、件数ではIN-IN(日本企業同士のM&A)が依然として低調のため、全体で1.2%減少した(詳細は「2011年のM&A回顧」をご参照ください)。世界をみれば、欧州危機の深刻化に伴う世界景気の先行き不透明などでM&Aは縮小傾向にある。2011年に日本企業のM&Aを動かした要因は何か、2012年をどう見ているのかなど、「M&Aの現場から」にご登場いただいたM&Aのプロを対象に2011年の総括、2012年の動向予想についてアンケート調査を実施した。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング