レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2019/04/11)

M&Aエグジットで連続起業家(シリアルアントレプレナー)になる

【"連続起業家"という生き方を選択するベンチャー起業家が急増】

和家 智也 /著
クロスボーダーM&Aの組織・人事PMI著者名:和家 智也
出版社名:クロスメディア・パブリッシング
定価:1,598円
発行日:2019年04月11日
サイズ:四六判・208頁
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
ベンチャー起業家は、会社を創業したら、 いずれ新規株式公開(IPO)を目指すというのは選択肢の一つでしかない。 いま、ミレニアル世代の起業家たちは、あえてM&Aという選択をし、 エグジット(イグジット・会社売却)をしているのだ。 連続起業家は、会社売却後にリタイアするのではなく、 より大きな挑戦に立ち向かい、起業を繰り返す。 アメリカでは、この連続起業家が、 ベンチャー業界を活性化する存在として注目されている。 「起業家は起業の専門家であって、必ずしも経営のプロではない」 という考えが浸透しつつあるからだ。 近年、日本でもこのような連続起業家が続々と誕生している。そして、 日本のベンチャーエコシステム(生態系)を創造する役割を担うようになっている。 M&Aエグジットは、これからの起業家にとって人生戦略の選択肢の一つになる。 ベンチャー起業家が次に目指すのは連続起業家だ。

※下記商品紹介ページより引用
クロスメディア・パブリッシング
http://www.cm-publishing.co.jp/9784295402886/

関連記事

バックナンバー

おすすめ記事

<新連載>【第1回】 M&Aコミュニケーションの基本

スキルアップ

[【IR戦略】海外M&Aを成功に導くためのコミュニケーション戦略(アシュトン・コンサルティング)]

NEW <新連載>【第1回】 M&Aコミュニケーションの基本

ダン・アンダーウッド(アシュトン・コンサルティング 最高経営責任者)

海外M&AのPMIとコンプライアンス

視点・寄稿

[視点]

NEW 海外M&AのPMIとコンプライアンス

関口 尊成(日比谷中田法律事務所 弁護士、ニューヨーク州弁護士)

[対談]日本企業のイノベーションの起こし方

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

NEW [対談]日本企業のイノベーションの起こし方

原田 泳幸(ゴンチャジャパン 代表取締役会長兼社長兼CEO、原田泳幸事務所代表取締役)
加藤 崇(Fracta CEO)
久保田 朋彦(GCAテクノベーション 代表取締役)(司会)



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム