レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[ベトナム投資の基礎知識 [マクロ経済動向]]

(2011/08/31)

【第12回】ベトナム金融セクターについて(下)

トラン・ホアイ・ヴー

【第11回】ベトナム金融セクターについて(上)


2. 上場銀行の動向


現在、上場銀行は8行あり、そのうち、上述の国有銀行2行を除き、民間銀行は6行である。この6行について具体的に紹介する。1行目は、サコムバンク(サイゴン信用商業銀行:STB)で、2006年初に最初に上場した銀行である。同行にはANZ銀行が戦略投資家として既に9.78%を出資している(2010年12月30日の時点)。2行目は、アジアコマーシャル銀行(亜州商業銀行:ACB)で、2006年後半に上場した銀行である。民間銀行としては、最大規模で、経営状況とパフォーマンスがよいと評価されている銀行である。同行にはスタンダードチャータードAPR Ltdが7.32%を、スタンダードチャータード銀行(香港法人)が5.21%を、それぞれ戦略パートナーとして出資している。3行目は、サイゴンハノイ商業銀行(SHB)で、ベトナム石炭・鉱産物工業グループとベトナムゴム工業グループがそれぞれ6.23%を出資している。4行目は、エクシムバンク(ベトナム輸出入銀行)で、三井住友銀行が15%を出資している。5行目は、ナムベト銀行(NVB)で、ベトナム繊維縫製グループが筆頭株主となっている。6行目は、ハノイ住宅銀行(HBB)で、ドイツ銀行が10%を出資している。
 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム