レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2016年4月号 258号

(2016/03/15)

ツバキ・ナカシマ――カーライルとの連携で8年ぶりに再上場

精密ボールでシェアトップ

右から高宮 勉氏(ツバキ・ナカシマ 取締役兼代表執行役CEO)、大塚 博行氏(カーライル・ジャパンLLC マネージング ディレクター、ツバキ・ナカシマ 取締役)

右から高宮 勉氏(ツバキ・ナカシマ 取締役兼代表執行役CEO)、大塚 博行氏(カーライル・ジャパンLLC マネージング ディレクター、ツバキ・ナカシマ 取締役)

  精密ボール世界シェアトップのツバキ・ナカシマ(奈良県葛城市)が、2015年12月16日東京証券取引所第一部に再上場した。

  同社は、1934年に創業。球軸受用鋼球、セラミック球、超硬合金球、ガラス球、プラスチック球、カーボン球などの各種産業用精密ボール、ボールねじ等のリニア製品及び大型送風機の製造販売で業容を拡大し、61年に東京証券取引所第二部、さらに88年には東証一部に指定替えを果たした。その後、90年に米国フーバー社鋼球部門を買収したのをはじめ、03年ポーランドの国営FLT社よりZET社を買収、中国には02年上海郊外の太倉に現法設立をし、さらに06年には中国の重慶鋼球有限責任公司を買収するなど海外展開にも積極的に取り組んできた。

  その同社が、激変する経営環境に対して安定的かつ持続的な企業価値向上を成しうる企業体質を構築するために野村プリンシパルファイナンスとMEBO(経営陣と従業員による買収、マネジメント・エンプロイー・バイアウト)を実施したのは07年のことだった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】阿波銀行 地方創生推進室

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」(日本政策投資銀行)]

【第3回】阿波銀行 地方創生推進室

日本政策投資銀行 企業戦略部

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム