[M&Aトピックス]

(2023/10/31)

BCGが「2023 M&A Report」を発表~1~8月の世界のM&A件数は前年比14%減も、市場回復への期待示す

  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
 ボストンコンサルティンググループ(BCG)は10月26日、「2023 M&A Report」を発表した。

 BCGの調べによれば、2023 年の年初から8月までのM&A市場は、案件数は前年比14%減少、取引総額ベースでは前年比 41%減の約1兆1800億ドルだった。金利の上昇、地政学的な緊張、景気後退の懸念などの要因が影響した。ただし、市場の減速期にあっても積極的にM&A市場に参入した企業も見られ、ESG投資やデジタル化を進めるため、M&Aを活用する動きも増えているという。

 地域別に見ると、インドや台湾などアジアの一部地域・国やヨーロッパの一部は比較的好調を維持している。一方で、米国、カナダ、フランス、ドイツなどの大国は、減速幅が大きい。日本市場においては2023年上半期、案件数と取引総額の両方で増加を記録しており、「この傾向は今後も続く」との分析を加えている。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング