[M&Aトピックス]

(2023/12/04)

東証調べ、2023年1~12月のIPO件数は96社に

  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
 東京証券取引所によれば、2023年1~12月の国内市場における新規上場(IPO)の企業数は96社(対前年比で5社増)となる(図表1、注1)。市場別の内訳は、プライム2社、スタンダード23社、グロース66社、その他が5社。IPOを見送る動きが一部企業で出たことから、100社には届かない見通し。

 2023年は、KKRが2017年に買収したKOKUSAI ELECTRIC(旧・日立国際電気)の上場を含め(同社の初値4875億円は過去5年で最大となる時価総額)、初値の時価総額1000億円超の大型のIPOが計6件あった(注2)。また、プライム市場への市場区分変更が14件あった(前年比プラス8件。グロース、スタンダードからプライムへの市場区分変更銘柄はそれぞれ10件、4件の計14件)。

 初値時価総額、ファイナンス規模ともに前年比で大幅に伸長した。2022年は国際金融情勢の混乱でIPOを見送った企業もみられたが、2023年は株式市場が堅調で市況が相対的に安定していたことがプラスに寄与した主な要因とみられる。2024年の見通しについては、今後の株式相場次第だと言えるが、現時点では堅調に推移すると東証は見込んでいる。

(注1)TOKYO PRO Marketへの上場を除く。2023年12月1日時点での見込み値
(注2)KOKUSAI ELECTRIC、楽天銀行、住信SBIネット銀行、シ―ユーシー、トライト、カバーの6社

【図表1】国内IPO件数の推移(通年)
国内IPO件数の推移(通年)
(出所)東証

【図表2】大型企業グループのIPO
(単位︓億円、単位未満四捨五⼊)
上場日会社名市場都道府県業種時価総額
(初値)
ファイナンス
規模
2023/10/25KOKUSAI ELECTRICプライム東京電気機器4,8751,245
2021/10/14PHCホールディングス東証1部東京電気機器3,837826
2023/04/21楽天銀⾏プライム東京銀⾏業3,156896
2021/04/22ビジョナルマザーズ東京情報・通信業2,545682
2021/03/30Appier Groupマザーズ東京情報・通信業2,027314
2023/03/29住信SBIネット銀⾏スタン
ダード
東京銀⾏業1,843572
2021/09/29セーフィーマザーズ東京情報・通信業1,646252
2022/12/14大栄環境プライム大阪サービス業1,626498
2022/06/08ANYCOLORグロース東京情報・通信業1,44328
(2023年12月1日現在)
(出所)東証

【図表3】2023年のIPO企業一覧
上場日会社名市場都道府県売上高
(億円)
経常利益
(億円)
当期利益
(億円)
時価総額
(初値、億円)
2023/01/26(株)テクノロジーズグロース東京7.90.60.899.1
2023/02/22プライム・ストラテジー
(株)
スタンダード東京5.61.51.0103.7
2023/03/22(株)SHINKOスタンダード東京138.96.14.240.4

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

関連記事

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング