レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2017/06/21)

KKRキャピタル・マーケッツの代表取締役社長に、山下剛氏を任命

 世界有数の資産運用会社であるKKRは、2017年6月21日KKRキャピタル・マーケッツ(以下KCM)の代表取締役社長に、山下剛氏を任命したことを発表した。

 KKRキャピタル・マーケッツ(KCM)は、KKR及びKKRの投資先企業、クライアントのサポート業務に従事しており、キャピタル・マーケッツ分野のテーラーメードのアドバイスの提供、資金調達を求める企業に対する革新的な資本ソリューションの開発と実行を行っている。

 山下氏は慶応大学にて学士号、ハーバードビジネススクールにて経営学修士を取得。05年から07年までゴールドマンサックス東京支店において投資銀行部門を経験。ブラックストーン・グループ・ジャパンにて9年間勤務、17年にKKRキャピタル・マーケッツ入社し、キャピタル・マーケッツ・グループに所属してきた。

 KKRは自社のアジア太平洋地域におけるプライベートエクイティファンドを通じて、10年より日本への投資を行ってきた。日本は引き続きアジア地域における重要市場となっており、KKRの日本市場への投資額は投資予定額も含め約20億米ドルにのぼっている。これまで、KKRはインテリジェンス、パナソニック ヘルスケア、パイオニアDJ、日立工機、カルソニックカンセイの5つの買収を完了しており、さらにパナソニック ヘルスケアによるバイエルの糖尿病事業部門の買収も完了しています。加えて、2017年4月には日立国際電気へのTOBを発表している。

 山下氏はKKRならびに同社の投資先企業およびその他の顧客に対し・・・


 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第5回】  リスク発見時の対応

スキルアップ

[「M&A基礎講座」 グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応]

NEW 【第5回】 リスク発見時の対応

村崎 直子(クロール・インターナショナル・インク シニアアドバイザー)

日本ペイントHD<4612>、豪州塗料メーカーDuluxGroup社を約3005億円で買収

速報・トピックス


M&A専門誌 マール最新号

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム