レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[視点]

2018年4月号 282号

(2018/03/15)

経営者の目的は「株主価値の最大化」ではない

 江川 雅子(一橋大学大学院商学研究科 教授)

  M&Aでは企業の支配権(Control)が争われる。敵対的買収では、最も高い買収価格を提示した買い手が選ばれるのが一般的である。現経営陣よりも高い株主価値を実現できると考えられる買い手が現れれば、その買い手に支配権を委ねることも含めて検討し、株主価値を最大化することが経営者(取締役・執行役)(注1)の責務であるとされる。
  株主の利益を重視するこの考え方は、国内外の投資家や経営者のみならず、法曹界、市場関係者、規制当局、研究者に広く受け入れられている。だが、この考え方が広まったのは1970年代以降のことである。
  コーポレートガバナンスに関して初めて問題提起したのは、1932年のA. Berle及びG. Meansの『近代株式会社と私有財産』である。1929年の米国大企業200社で、法的支配(株主による支配)とは異なり、経営者が支配している実態を指摘した。株式会社が大きく複雑になり、株主の数も増えるにつれ、新たに出現した専門経営者に経営を任せるケースが増えたのが背景である。会社は株主の利益ばかりでなく、従業員、顧客、社会の利益に配慮しながら経営すべきであるとされた(注2)。こうして経営者支配の時代が続いたが、70年代に入り、二つの論文が流れを変えたのである。
  1970年、経済学者M. Friedman(フリードマン)はニューヨーク・タイムズ・マガジンに寄稿した論文で、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム