レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データを読む]

2017年1月号 267号

(2016/12/15)

「投資会社の売却動向(4)」21.4%増。買い手は上場企業が6割

  投資会社の売却件数は1-11月期68件と、前年同期の56件から21.4%の増加となった。うち、IN-INが60件で25.0%増加した。国内系ファンドの回収(エグジット)の動きが活発化してきている。近年、ベンチャー企業へのM&Aが活発化していることも相まって、バイアウト系ファンドや再生系ファンドなどに加え、ベンチャーファンドの回収の動きも目立ってきた。買い手(当事者1)は上場企業が約6割を占める。企業の革新と成長に向けて、ファンドの「触媒」としての役割がますます重要になっている。

2016年11月の動き

  投資会社の売却動向は、マール2011年9月号などでまとめ、今回が4回目。投資会社には投資ファンドのほか、プリンシパル投資、投資回収を目的とした事業会社も一部を含めている。

  11月は7件あった。マーケット別内訳はIN-IN5件、IN-OUT1件、OUT-IN1件。買い手(当事者1)は7件中5件が事業会社で、5件とも上場企業(上場企業の傘下企業を含む)だった。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

創業家との対立を経て合併に舵を切る出光興産の勝算は?

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

創業家との対立を経て合併に舵を切る出光興産の勝算は?

 マール企業価値研究グループ

ESG投資ブームは企業の成長に結びつくか

視点・寄稿

[視点]

ESG投資ブームは企業の成長に結びつくか

 首藤 惠(早稲田大学大学院経営管理研究科 教授)





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム