レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2019/03/14)

【第103回】産業界の破壊的変化がグローバルM&Aのあり方を変える!

―― ベイン・アンド・カンパニーのグローバルM&Aに関するアニュアルレポートより

奥野 慎太郎(ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン・インコーポレイテッド マネージング ディレクター、日本代表)
foto

M&Aを行っている企業の経営層と実務担当者向けのレポート

――  このほど、ベイン・アンド・カンパニー(以下ベイン)は、グローバルM&Aに関するアニュアルレポートを出されました。このレポート発行の狙いについて聞かせてください。

「ベインは2018年だけでも1500件を超えるM&Aプロジェクトに携わっています。そこで、これまで携わったプロジェクトから得た知見をもとに、新たな調査・分析と経営者の皆様へのインタビューからの示唆を加えて、アニュアルレポートとして発行していくことにしました。今回がその第1回となります。ベインは長年にわたり、成功したM&Aから得られた知見を体系化して知識を蓄積してきましたが、このレポートは、すでに多く出回っているようなディールのスコアカードではなく、M&Aを実際に検討、判断し、手掛けている方々に役立てていただくことを目的に作成しました」

産業界の破壊的変化の年

――  2018年を振り返って、グローバルM&Aをめぐる環境についてはどのように見ていますか。

「18年は、世界の戦略的買収額が過去最高であった15年の3.8兆米ドルに迫る3.4兆米ドルとなり、17年の2.9兆米ドルを大きく上回りました。その背景には2つの潮流があると考えています。

  1つ目の潮流は、近年の世界的な金余りです。特に日本企業にその傾向が顕著ですが、バランスシートに占める現預金のボリュームが大きくなっていること。それに加えて低金利が続いて借り入れによる資金調達を容易にしているという環境があげられます。

  2つ目は新しい潮流で、多くの企業が成長目標の達成に苦戦している中、テクノロジーの進化などによって、18年は産業界にとって破壊的変化の1年になったと言えます。経営者が投資家の期待に応えるために打ち出す中期経営計画と、オーガニックに実現可能な成長とのギャップがあって、M&Aを行わないと期待される成長のターゲットには届かない、という企業が多くみられます。また、日本企業の場合…


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第109回】M&Aによって長期的な価値創造を実現する計画とは?――グローバル実態調査から得られたポイント

座談会・インタビュー

【第2回】  株式譲渡対価の一部を役員退職金として支給する際のポイント

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第2回】 株式譲渡対価の一部を役員退職金として支給する際のポイント

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム