レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2019/10/16)

【第111回】日本政策投資銀行時代のM&Aの現場体験から3冊の本は生まれました

山本貴之(株式会社価値総合研究所 前代表取締役社長)


平易で実践的なM&A戦略論を提供


―― 山本さんは、日本政策投資銀行(DBJ)で長年、国内外の大中規模のM&Aに関するアドバイザリー業務を統括し、その後、DBJグループの価値総合研究所代表取締役社長を務められたわけですが、この間に『M&Aの「新」潮流』(2016年1月)、『M&Aアドバイザー』(2017年12月)、そして小説『M&A神アドバイザーズ』(19年3月。いずれもエネルギーフォーラム刊)の3冊を立て続けに上梓されましたね。3冊の本を出されたのは、どのような経緯があったのですか。

「1冊目の『M&Aの「新」潮流』を出した時は、私はまだDBJの企業戦略部を担当しておりました。レコフデータのM&Aデータベースを見てもわかる通り、日本でも企業の成長戦略としてM&Aという手法が重要な選択肢として盛んに使われるようになった頃でした。事業環境が激変する中で持続的な成長を図るために業界再編、海外展開、事業承継といったM&Aの潮流を上手く捉えて経営戦略に有効に活用することの重要性が認識される時代になったわけです。そこでM&Aを活用するために経営者に必要な最新の知識と情報を網羅的かつ簡潔に解説しようという狙いで企業戦略部のスタッフと一緒にまとめたものです。

 ただ、現実に行われているM&Aが、実際にどのようなプロセスで流れているのかということは、なかなかテキストではわかりません。そこで、DBJが扱った様々な事例をもとに『海外企業買収』、『事業承継』、『MBO』の各ケースのエッセンスを抜き出して交渉の全過程を追体験することで、企業経営者をはじめ一般の読者も舞台裏からM&Aの真髄に迫ることができる平易で実践的なM&A戦略論を提供しようという目的で書いたのが2冊目の『M&Aアドバイザー』です」

―― その2冊をもとに、さらに小説の形でリアルな登場人物を配しながら疑似体験してもらおうというのが『M&A神アドバイザーズ』ということになりますね。

「2作目は、M&Aを成功に導くメカニズムを、具体的な案件をピックアップしてノンフィクションにして出しのですが、非常に分かりやすいということで意外に反…


■やまもと・たかゆき
東京大学法学部卒、米国ジョージタウン大学法律大学院修士(LLM)。1983年日本開発銀行(現〈株〉日本政策投資銀行)入行。国際統括部長、東海支店長を経て14年日本政策投資銀行執行役員企業戦略部長。国内外の大中規模のM&Aに関するアドバイザリー業務を統括し、日本企業の成長戦略を支援。地域や社会に貢献するM&Aの普及にも尽力。17年〈株〉価値総合研究所代表取締役社長(19年9月退任)。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第7回】 内部監査部門における人材育成

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第7回】 内部監査部門における人材育成

関 彩乃(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアコンサルタント)

M&A人材の育成が難しいのはなぜか (2)

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW M&A人材の育成が難しいのはなぜか (2)

M&Aフォーラム 人材育成塾 企画チーム

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム