レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2019年7月号 297号

(2019/06/17)

第171回 物流業界~トラック運送会社の最新M&A動向、変わる経営環境と増加する事業承継型M&A

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 M&Aアドバイザー)
 トラック運送会社のM&Aが活況である。レコフデータの集計によると、2018年の物流会社が関わったM&Aの年間件数は、公表されている件数だけで72件と前年の56件に比べ、28.5%増加した。(図表1)。その要因は「後継者が不在」という事業承継の問題だけに留まる話ではない。近年では後継者候補の親族が社内にいても、M&Aを選択するオーナーが増えているのが実情だ。

 本記事では増加する物流業界に属するトラック運送会社の最新M&A動向についての考察を述べる。

(図表1)公表された物流会社のM&Aの件数


「物流業」という業種に属する「トラック運送会社」とは

 「物流業」と一言でいってもその業態・業容は様々である。トラックでの陸上輸送、航空機での航空輸送、フェリーでの海上輸送といった輸送機関の違いによるものから、倉庫や物流センターでの保管、荷役、流通加工、3PLといった業務も含まれ、中には、実際にトラック等の輸送手段を持たない利用運送をメインとする事業者も存在する。

 その中でも「物流業」と聞いて最もイメージしやすく、事業者数も多いのがトラックでの陸上輸送業者であり、いわゆる「トラック運送会社」や「運送会社」と呼ばれる事業者ではないだろうか(図表2)

 本記事では、物流業の中でも特に、トラックでの陸上輸送を行う会社を「トラック運送会社」と定義し、同業界に絞った考察を述べていることにご留意頂きたい。


「事業承継」という観点でみたトラック運送会社の動向

 図表3はトラック運送事業者数の推移である。1990年の道路貨物自動車運送事業法施行以来、新規参入事業者数は急増し、2007年度のピーク時には6.3万社を超えたものの、2012年度からは連続で減少している。減少理由は様々な要因が想定されるが、近年は廃業数が新規事業登録者数を毎年上回っているということが推察できる。

 また、筆者が独自に集計したトラック運送会社における代表取締役の年齢構成割合によると、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第3回】改正民法下での事業承継M&A契約の留意点

スキルアップ

[【法務】民法改正が事業承継M&Aに与える影響(ソシアス総合法律事務所 高橋・小櫃弁護士)]

NEW 【第3回】改正民法下での事業承継M&A契約の留意点

高橋 聖(ソシアス総合法律事務所 パートナー弁護士)
小櫃 吉高(ソシアス総合法律事務所 弁護士)

『公正なM&Aの在り方に関する指針』の解説

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

『公正なM&Aの在り方に関する指針』の解説

玉井 裕子(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)
西村 修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー)

ヤフーのZOZO買収がファッション市場に与える衝撃 ~ アパレル各社は自社EC化を急げ

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW ヤフーのZOZO買収がファッション市場に与える衝撃 ~ アパレル各社は自社EC化を急げ

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム