レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2016年11月号 265号

(2016/10/18)

ローソングループの中で、存在価値を高めるローソンHMVエンタテイメント――坂本健社長が語る成長戦略

ユナイテッド・シネマ買収で事業領域を拡大

坂本 健(ローソンHMVエンタテイメント 代表取締役社長)  ローソングループのエンターテインメント事業を担っているのが、ローソンHMVエンタテイメント(以下LHE)である。

  LHEは、ローソンのチケット販売子会社だったローソンエンターメディア(以下LEM)と、ローソンが10年12月に買収した音楽・映像ソフト販売大手のHMVジャパンが合併して11年9月に誕生した。HMVジャパンは、90年に英HMVの日本法人として日本市場に進出、米タワーレコードとともに、洋楽ブームを背景に業容を拡大させた。しかし、CD市場の縮小を受けて業績が悪化、07年には大和系ファンドが100%子会社化し、10年8月には東京・渋谷の旗艦店も閉めるなど経営改革を進めてきていた。ローソンによる買収当時は、ショッピングモールを軸に34店を展開し、10年4月期の業績は売上高309億円、営業利益マイナス7.6億円という状況だった。業績不振とはいえ、HMVオンラインは音楽ソフト販売ではアマゾンジャパンに次ぐ規模。一方のLEMもチケット販売では国内トップクラスであり、両社の合併によって、コンサート等のチケットとCD・DVD・グッズ等の商材を同時に取り扱う、独自のエンターテインメント事業を展開することが更なる成長に繋がると考えた。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

【デービッド・アトキンソン氏が直言】日本経済復活のカギは中小企業改革

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

【デービッド・アトキンソン氏が直言】日本経済復活のカギは中小企業改革

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社 社長)

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム