レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A関連本紹介]

(2019/02/02)

M&A法大全(下)〔全訂版〕

M&Aに関する法制度・実務を体系的・網羅的に解説する決定版

西村あさひ法律事務所 /編
コーポレートガバナンスの実践編者名:西村あさひ法律事務所
出版社名:商事法務
定価:10,260円
発行日:2019年02月02日
サイズ:A5判・1160頁
詳細・ご購入はこちら(外部サイトが開きます)
多様化・高度化が続くM&Aの各分野で、最先端の実務にかかわる法律家が、M&Aをめぐる様々な論点を、判例・裁判例や学説の状況とあわせて紹介しつつ、最新の実務や慣行についても論じる。下巻では、実務面をM&A取引の流れや要素にそって解説するとともに、最先端分野の取引を類型的に整理・紹介する

※下記商品紹介ページより引用
商事法務
https://www.shojihomu.co.jp/publication?publicationId=7516821

関連記事

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

ベトナムの製菓業界

スキルアップ

[【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)]

NEW ベトナムの製菓業界

谷口 正俊(株式会社ワールディング 代表取締役社長)

【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

スキルアップ

[【企業変革】ポストコロナ時代の経営アジェンダ ~ ゲームのルールが変わる瞬間 ~]

NEW 【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム