スキルアップ

【全体】M&A入門-M&A戦略立案からPMIまで(PwCアドバイザリー合同会社)

M&Aに興味を持っている学生や、M&A業界で働いてみたいと考えている若手社会人などを主な読者層に想定し、M&A戦略立案からPMIまでをわかりやすく解説していきます。 *一部は会員登録不要でご覧いただけます。

第3部 「PMI」

2015年10月07日(水)

第3部 「PMI」

2015年09月09日(水)

第3部 「PMI」

2015年08月26日(水)

【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)

本連載では、M&A戦略立案の要点について7回にわたって解説をしていきます。

【第7回(最終回)】 ターゲット企業へのアプローチ

2021年06月23日(水)

【第6回】 M&A戦略の類型(4)多角化型

2021年06月03日(木)

【第5回】 M&A戦略の類型(3)市場開拓型・垂直統合型

2021年05月12日(水)

【DD】グローバルM&Aにおける非財務リスクへの対応(クロール・インターナショナル)

グローバルM&Aにおけるリスクは、景気の悪化やマーケットの変化による業績の悪化という自社でコントロールしようのないものだけではありません。事前に調べていれば避けられたはず、というようなすでにリスクとして存在していたものが買収後に顕在化して失敗してしまう例も数多くあります。こういった様々なリスクのうち、財務リスク以外のリスクに焦点を当て、その対応について解説します。

【第6回】 デュー・ディリジェンスの限界

2019年05月09日(木)

【第5回】 リスク発見時の対応

2019年04月18日(木)

【第4回】 リスク棚卸のためのリソース

2019年03月27日(水)

【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)

そもそもビジネスDDはなぜ行うのか、何を行うものなのか、どのように進めていくべきものなのか。近年、ビジネスDDで議論となった新しい論点と合わせて解説します。

【第10回(最終回)】これまでのまとめ ~ビジネスDDをどう進めるか~

2020年08月05日(水)

【第9回】社会課題からのビジネスDD

2020年07月16日(木)

【第8回】ベンチャー企業に対するビジネスDD

2020年06月24日(水)

【企業価値評価】事業法人の財務担当者のための企業価値評価入門(早稲田大学大学院 鈴木一功教授)

本連載ではファイナンスやM&Aの専門家でない事業法人の皆さんに向けて、企業価値評価で押さえておくべきポイントを中心にエッセンスを解説します。

【第16回(最終回)】マルチプル(倍率)法の実務と留意点

2019年10月24日(木)

【第15回】エンタプライズDCF法の実務④:STAGE 4 企業価値の算定

2019年10月08日(火)

【第14回】エンタプライズDCF法の実務③:STAGE 2 将来の業績予測②、STAGE 3 資本コストの推定

2019年09月26日(木)

【企業価値評価】企業価値評価とコーポレートファイナンス(早稲田大学大学院 西山茂教授)

M&Aのステップの中の大きなポイントの1つである買収金額の評価方法について、そのベースとなるコーポレートファイナンスのポイントも含めて学んでいきます。

【第7回】企業価値や株主価値を向上させるための経営管理の仕組み

2016年04月20日(水)

【第6回】DCF法

2016年03月30日(水)

【第5回】投資プロジェクトの評価

2016年03月09日(水)

【企業価値評価】決算書の見方(早稲田大学大学院 西山茂教授)

M&Aに携わる若手実務家、新任の役職者、M&A業務に関心のある学生の皆様を対象に、実務に必須な財務諸表の読み方について、わかりやすく解説していきます。

【第6回】セグメント情報から海外展開、事業分野の状況を把握する

2013年01月09日(水)

【第5回】財務比率で企業の実力を見る:ROEとその分解

2012年11月14日(水)

【第4回】キャッシュフロー計算書:企業の実際の動きを見る

2012年10月03日(水)

【企業価値評価】財務分析入門(一橋大学大学院 円谷昭一准教授)

財務諸表には企業のあらゆる経済活動が集約されています。財務諸表を分析するということは、企業それ自体を分析することと同じことです。どのような目的であっても必要となる基礎的な分析について学んでいきます。

【第7回(最終回)】 財務諸表分析のゆくえ

2017年02月01日(水)

【第6回】 キャッシュフロー分析・セグメント分析

2017年01月11日(水)

【第5回】 成長性分析・総合評価

2016年12月21日(水)

【法務】事業承継M&Aの法務(ソシアス総合法律事務所 高橋聖弁護士)

中小企業が長年にわたって築いてきた事業価値を損なうことなく、その技術・ノウハウや雇用を円滑に承継し、日本経済全体の発展に生かしていくための手法として注目される事業承継M&Aに焦点をあて、M&Aに携わる弁護士の立場から、その法務面でのポイントについて分かりやすく解説します。

第6回 事業承継M&Aに向けた株式の集約

2018年03月20日(火)

第5回 事業承継M&Aと法務デューディリジェンス

2018年03月01日(木)

第4回 事業承継M&Aにおける株式に関する法的論点

2018年02月07日(水)

【法務】民法改正が事業承継M&Aに与える影響(ソシアス総合法律事務所 高橋聖・小櫃吉高弁護士)

本連載では、事業承継の一手法としてM&Aが活用される場合における典型的な事例を念頭に、間近に迫った今回の改正民法の施行が実務に与え得る影響や、事業承継M&Aの関係者(売手となるオーナー経営者、買手、弁護士等の専門家)が今回の民法改正に伴って留意すべきポイントなどを、取引形態、M&A契約実務、デューディリジェンスといった、いくつかの異なる角度から、できる限り分かりやすく解説します。

【第4回(最終回)】民法改正が法務デューディリジェンスに与える影響

2019年11月06日(水)

【第3回】改正民法下での事業承継M&A契約の留意点

2019年10月17日(木)

【第2回】 事業承継M&Aにおける表明保証と民法改正

2019年09月25日(水)

【法務】カーブアウトM&A の実務と課題(柴田・鈴木・中田法律事務所 柴田堅太郎・中田裕人弁護士)

コーポレートガバナンス上の課題として、近時、コア事業に集中し、ノンコア事業の撤退・売却を検討する「事業ポートフォリオマネジメント」の重要性が叫ばれている。その手段として、「カーブアウトM&A」実施の促進が期待される。「カーブアウトM&A」には、様々な定義が考えられるが、ここでは企業の一部の事業を売買するM&A取引をいう。一方で、カーブアウトM&Aは、通常のM&A取引と比較して、「スタンドアロンイシュー」を中心として固有の難しい問題を多く含んでおり、実現に至らないことも珍しくない。そこで本連載では、このカーブアウトM&Aの実務上の問題点について、法務の観点から検討を試みる。

【第6回(最終回)】経済産業省「事業再編実務指針」のポイントとカーブアウトM&A

2020年06月25日(木)

【第5回】 カーブアウトM&Aにおける付随契約の留意点

2020年05月12日(火)

【第4回】カーブアウトM&Aにおける最終契約の留意点

2020年04月17日(金)

【法務】Withコロナ時代のクロスボーダーM&Aの実務と新潮流(東京国際法律事務所)

クロスボーダーM&Aの実務に携わる弁護士の視点から最前線で取り組んでいる課題と、「Withコロナ時代」の実務の新潮流について事例を交えながら紹介します。

【第7回(最終回)】コロナ禍でも自社のビジネスを加速度的に拡大させるクロスボーダーM&A戦略

2021年01月27日(水)

【第6回】M&A契約の中で「最も重視されない条項」の真価 ― 紛争解決条項とM&A紛争の現実

2021年01月13日(水)

【第5回】米国上場会社の買収 ― Deal Jumping(横取り)への備えは万全か?

2020年12月10日(木)

【PMI】 攻めのPMI -企業価値最大化の契機としてのM&A(マッキンゼー・アンド・カンパニー)

本連載では、「企業価値最大化の契機としてのM&A」と題して、ディールからの価値創造の目標を高く設定し、PMIで確実に果実を刈り取るためのポイントを解説します。価値創造の観点から、「攻めのPMI」について紹介します。

【第5回(最終回)】 新たなトレンドに ~「変革のPMI」の兆し

2019年06月27日(木)

【第4回】 市場へのメッセージと設定すべきシナジーの目標とは?

2019年06月06日(木)

【第3回】 クリーンチームの積極活用 ~シナジー刈り取りを加速する

2019年05月16日(木)

【PMI】未上場企業買収後のPMIの実務(エスネットワークス)

事業会社又はプライベート・エクィティ・ファンドが、内部管理体制が整備されていない未上場企業を買収した場合を想定し、管理部門におけるPMI(Post merger integration)の実務について連載します。管理部門の統合作業を担うCFOにとっての主要な課題及び改善策等という視点から解説します。

第4部 業種別

2017年11月14日(火)

第4部 業種別

2017年11月01日(水)

第3部 ITへの対応

2017年10月18日(水)

【投資ファンド】PEファンドの役割と企業価値向上の実際(カーライル・ジャパン)

PEファンドの役割とは何か――企業成長のために必要な「あるべき事業戦略」の構築、「経営人材」の獲得・活用と「組織インフラ」の構築、資本構成の構築など、PEファンドが投資先企業と組んで行う企業価値向上策の実際をカーライル・ジャパンのスタッフが解説します。

【第5回】PEファンドが支援する次なる資本政策とPEファンドの活動がもたらす社会的・経済的意義

2017年04月05日(水)

【第4回】 筋肉質の会社へ ~投資後2年目以降の攻めの経営へ~

2017年03月22日(水)

【第3回】 いわゆる100日プランとは ―― 投資直後の3~6か月の改革

2017年03月08日(水)

【クロスボーダーM&A】「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)

2017年8月に経済産業省が設置した「我が国企業による海外M&A研究会」において公開された報告書の内容を経営者に活用してもらうために、「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」としてコンパクトにまとめている。 本連載では、その「9つの行動」についてその背景にある考え方や実際の企業の取り組み例などの紹介をする。

【第10回】行動9 過去の経験の蓄積により「海外M&A巧者」へ / まとめ

2018年10月10日(水)

【第9回】行動8 海外M&Aによる自己変革とグローバル経営力

2018年09月26日(水)

【第8回】行動7 自社の強み・哲学を伝える努力

2018年09月12日(水)

【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [ベトナムマーケット概要](ワールディング)

日系企業のベトナム進出などをサポートする企業がベトナムのマーケットを業界毎に分析します。

ベトナムの鉄道業界

2021年10月20日(水)

ベトナムの介護業界

2021年08月18日(水)

ベトナムのPPE業界

2021年06月16日(水)

【クロスボーダーM&A】ベトナム投資の基礎知識 [マクロ経済動向]

ベトナム人留学生がリアルなベトナムの状況をお伝えします。

【第12回】ベトナム金融セクターについて(下)

2011年08月31日(水)

【第11回】ベトナム金融セクターについて(上)

2011年08月24日(水)

【第10回】 ベトナム金融政策とインフレ動向について(下)

2011年06月22日(水)

【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)

会計・税務の実務上の論点やM&Aの実務担当者なら最低限知っておきたいポイントを事業承継M&Aに焦点をあて、M&A実務の現場で仲介に携わる専門家の立場から、できる限り分かりやすく解説します。

【第10回(最終回)】中堅中小企業の財務・税務デューデリジェンスの実態について

2020年03月11日(水)

【第9回】M&A成立時の基本的な会計処理とアドバイザー等に支払った費用の取り扱い

2020年02月12日(水)

【第8回】事業承継税制とM&Aによる承継手段の比較と実務上のポイントについて

2020年01月15日(水)

【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)

我々日本企業がコーポレートガバナンスを考えるにあたり、振り返るべきは、「なぜ日本企業の収益性は欧米企業と比して低いのか」という問いです。この問いは、実は今日に連なるガバナンス改革の原点となっているもので、要するに、低収益にあえぐ日本企業の本質的な原因は「コーポレートガバナンスに問題があるのではないか」という仮説です。このシリーズでは、この問いを念頭に置きながら日本流のコーポレートガバナンスを考えていきたいと思います。

【第8回(最終回)】 日本企業が目指すべき方向性

2019年12月04日(水)

【第7回】 内部監査部門における人材育成

2019年11月14日(木)

【第6回】 グループ経営の透明性を高めるための内部監査の組織体制

2019年10月23日(水)

【IR戦略】海外M&Aを成功に導くためのコミュニケーション戦略(アシュトン・コンサルティング)

経済専門紙や業界紙では毎日のようにクロスボーダーM&A案件に関するニュースを目にしますが、買収合意成立後の企業統合に関する報道に接することは多くありません。買収後の統合プロセス、いわゆるポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)を成功裏に進めるためには、M&Aプロセスの端緒の段階からコミュニケーション戦略を立案し遂行する必要があります。アシュトン・コンサルティングが、海外M&Aを成功に導くためのコミュニケーション戦略と題して、M&Aの実務に携わる読者の皆様にコミュニケーション戦略の重要性についてご案内いたします。

【第4回(最終回)】クロスボーダーM&AにおけるPR(コミュニケーション)のケーススタディ

2020年05月20日(水)

【第3回】M&Aにおけるコミュニケーション:対象、タイミング、内容とそのポイント

2020年04月23日(木)

【第2回】 M&Aにおけるコミュニケーションの実践

2020年03月27日(金)

【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)

新型コロナウイルスは多くの企業に経済的な混乱を与えた。筆者は、レナウンのような企業は氷山の一角と予想している。そういった企業が覚悟を決めて事業再生へ踏み出すタイミングは、まさに「今」なのではないだろうか。本連載ではPEファンドが手掛ける事業再生実務について具体例をふまえつつ、より専門的な内容を解説していく。

【第7回(最終回)】PEファンドと事業再生(座談会)

2020年10月07日(水)

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

2020年09月17日(木)

【第5回】PEファンドは名脇役であれ

2020年08月26日(水)

【企業変革】ポストコロナ時代の経営アジェンダ ~ ゲームのルールが変わる瞬間 ~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)

 コロナ禍という未曽有の出来事によってこれまでの社会構造や業界秩序が大きく変わっています。これまでに予測されていた前提やシナリオが大きく変わり、企業の競争環境が劇的にかつ急速に変化しています。このシリーズでは、企業がポストコロナ時代で繁栄・成功するために何が必要となるのか、特に重要となるであろうデジタル、働き方・ワークスタイル、事業再編・M&A、コーポレートガバナンスなどといった経営アジェンダに焦点をあて、企業がとるべき方向性について議論していきたいと思います。

【第7回(最終回)】M&A/事業再編をてこに真のグローバルカンパニーへ

2020年12月24日(木)

【第6回】コーポレートガバナンス

2020年12月03日(木)

【第5回】M&A・事業再編

2020年11月12日(木)

【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)

そもそも価値創造とは何を意味するのか、それを経営として実践するためにどのようなことに留意するべきか。本連載では7回にわたって価値創造経営の要諦を述べていきます。

【第7回(最終回)】価値創造とシナジー

2021年06月30日(水)

【第6回】価値創造のための戦略

2021年06月09日(水)

【第5回】事業売却による価値創造

2021年05月13日(木)

【企業変革】TSR戦略とESG~どのようにESGを企業価値向上につなげるか(ボストン コンサルティング グループ)

本連載では、企業がESGに対してどのように向き合い、取り組んでいくべきかという問いについて、どのように企業価値につなげるべきか(もしくはどうすれば企業価値につながるか)という観点から検討していきます。

【第4回(最終回)】日本企業への示唆

2021年10月06日(水)

【第3回】企業はESGにどのように取り組むべきか

2021年09月08日(水)

【第2回】ESGとTSRの関係

2021年08月11日(水)

【人事】「M&A人事の新常識」~グローバルの年金・ベネフィット最新事情(マーサー ジャパン)

本連載ではシリーズでM&Aにおける人事DD(デュー・ディリジェンス)の際のベネフィット制度にかかる「常識」を疑いの目をもって考察し、新たな常識を提示します。

【第3回(最終回)】M&Aは黒船

2021年09月22日(水)

【第2回】報酬は金銭+非金銭

2021年08月31日(火)

<新連載>【第1回】人事DDの新常識

2021年08月10日(火)

M&A関連本紹介

M&Aに関する書籍を紹介しています。

BCGが読む経営の論点2022

2021年11月29日(月)

会社を“守る”M&A、“伸ばす”M&A 

2021年11月04日(木)

シリコンバレーは日本企業を求めている

2021年10月01日(金)

マールオンラインでは、毎日(平日)「M&A速報」を更新しています。
有料会員の皆様には、1日2回、いち早く「M&A速報」メールマガジンでお届けしています。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

おすすめ記事