レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々]

2019年10月号 300号

(2019/09/17)

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第4回)

第1章「海外子会社のガバナンス改革編」 第4話「仮説の形成」

伊藤 爵宏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)

【登場人物】

サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 部長
堀越 一郎
サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 次長
木村 遼太
サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 スタッフ
山本 朝子
Sakura Asia Pacific Planning Group Manager
中田 優紀
(前回までのあらすじ)

 サクラ電機の本社経営企画部に配属された木村遼太は、地域統括会社が主導する東南アジア子会社のガバナンス改革プロジェクトを本社の立場から支援することになり、その一環として経営企画部スタッフの山本、地域統括会社の中田とともに各社へのヒアリングを行うことになった。
 すでに2社へのヒアリングを終えた木村たちは、子会社側の都合により急きょヒアリングのスケジュールが変更されたことを受け、空いた時間で作戦会議を行うことにした。
 これは、あるコーポレートの経営企画部次長が、様々なコーポレートアジェンダに携わり、そして経営と現場の間で葛藤しながら、自社におけるグローバル経営の在り方を模索するストーリーである。



つかの間の空白

 木村、山本、中田の3人は、マレーシアのホテルにある貸し会議室で席を並べていた。
 本日予定していた子会社へのヒアリングは、対象会社が急きょ休業となったことに伴い、延期となっていた。
 「それにしても、地元のサッカーチームが優勝したっていう理由で祝日になるなんて、面白いですね」
 昼食のサンドイッチをほおばりながら山本が言った。
 「現地に来て初めて分かることがいかに多いかということだな。そして、その観点で言えば、これまでの2社へのヒアリング結果も同様ですね、中田さん」
 木村は、山本に同意を示しながら、中田へ話題を振り、会話を本題に戻した。
 3人は、スケジュールの空き時間を利用し、これまでヒアリングした2社の結果を踏まえ、プロジェクトアプローチの仮説づくりを行うべく集まっていたのだった。
 中田は、悩み深い表情をしながら木村の言葉に頷く。
 「これまで地域統括会社の立場から各社との接点はありましたが、改めてヒアリングすると、現場のリアリティが見えてきますね。これまでヒアリングした2社だけでも、置かれた状況にこれだけ違いがある中で、地域統括会社としてどのように働きかけていけばよいのやら...」
 「そうですね、中田さんの面前してこられた難しさがよく分かります。本来であれば、すぐにでもオペレーションとシステムの統合を打ち出す大義を探したかったところですが、今の状況だと、一足飛びにそこを目指せば各社の反発は必至で、キックオフミーティングの二の舞になってしまいます」
 木村は、中田の悩みに共感しながら答える。そして、ヒアリングをしながら考えていた自らの意見を中田にぶつけてみた。

それぞれの仮説と想い

 「各社の置かれた状況や意見が様々に異なることを踏まえると、まずはどんなに小さくても、“One Sakura”としての成功事例を作ることが重要なのではないかと思います」
 「小さな成功事例…ですか」
 「そうです。この成功事例には、大きく2つのパターンがあり得ると思います。1つは、それほど統合の難易度が高くなく、各社が簡単に相乗りできそうな領域です。例えば、2社目で挙がっていたような人材の獲得や教育です。これは、ガバナンス改革そのものというよりも、その前提となるサクラ電機グループとしての一体感の醸成を目的とします。一方、もう1つは、本丸であるオペレーションとシステムの統合を、限られた会社でパイロット的に行うことです。パイロットの選定には難しさがありますが、遅かれ早かれ、システムの老朽化や事業規模の拡大により、今のシステム基盤では追い付かなくなる会社が多いはず。残りのヒアリング結果も踏まえて、緊急性・優先順位を見極めましょう」
 中田は、これらの木村の提案を吟味するように反応する。
 「なるほど…現実的な仮説としては、そのような進め方になるかもしれません。それにしても、全てを完成させるには、長い時間のかかる話ですね…」
 そして、自らの考えを深めるように言葉を続ける。
 「ですが、たしかに今のサクラ電機において

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第9回】M&A成立時の基本的な会計処理とアドバイザー等に支払った費用の取り扱い

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第9回】M&A成立時の基本的な会計処理とアドバイザー等に支払った費用の取り扱い

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

「日高屋」業績低迷の原因はちょい飲みの減少だけ? ~ 新メニューの開発でリピート率向上を

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

「日高屋」業績低迷の原因はちょい飲みの減少だけ? ~ 新メニューの開発でリピート率向上を

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム