レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2018年1月号 279号

(2017/12/15)

【パーソルホールディングス】高橋広敏COOが語るグループ成長戦略

高橋広敏氏

新グループブランド名「PERSOL(パーソル)」に

  2017年は、総合人材サービスのパーソルホールディングス(以下パーソルHD)にとって、2つの意味でエポックメーキングな年であったといっていい。

  1つは、同年7月1日から商号をそれまでの「テンプホールディングス」から「パーソルホールディングス」に変更したことだ。新グループブランド名「PERSOL(パーソル)」は、「PERSON=人の成長を通じて」と「SOLUTION=社会の課題を解決する」という言葉を組み合わせた造語である。

  同社の創業者である篠原欣子氏は1973年にテンプスタッフを設立。女性の事務派遣を中心に業容を拡大させ、06年には東証1部上場を果たした。さらに、08年にピープルスタッフを統合し持ち株会社に移行。13年には転職支援サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」を運営するインテリジェンス(現パーソルキャリア)の株式を買収総額680億円で取得し子会社化するなどして、国内外で約90社、400拠点でサービス提供を行うグループに成長させた。現在は人材派遣のみならず、新卒・中途採用支援、アルバイト・パート採用支援、ITアウトソーシング、設計開発等、幅広い領域で事業を展開するまでになっている。

  その篠原氏は、13年に水田正道氏に社長を譲り会長となっていたが、インテリジェンス買収で新たな成長への道筋をつけたこともあって、16年には会長職を辞し、実質的に43年間リードしてきた経営トップの座から退いた。以後、経営の主導は水田正道社長CEO、高橋広敏副社長COO(元インテリジェンス社長)らの手に委ねられる形となり、同時に同社はガバナンス強化のため監査役と監査役会を廃止し、社外監査役など4人を中心にした監査等委員会設置会社に移行した。

  なお、篠原氏は

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第114回】東京海上担当者に聞く-国内M&A保険(表明保証保険)の仕組みと狙い

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第114回】東京海上担当者に聞く-国内M&A保険(表明保証保険)の仕組みと狙い

宗次 勇介 (東京海上日動火災保険株式会社 企業商品業務部 次長 兼 責任保険グループ 課長)
永野 智也 (同 責任保険グループ 課長代理)

「敵対的TOB案件と公開買付代理人一覧」最新データ

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム