レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[CLOSE-UPトップの決断]

2010年9月号 191号

(2010/08/15)

日本の消費財の川上から川下まで流通を支える情報インフラ企業を目指す

プラネット 玉生 弘昌 社長

通信事業自由化を機に設立


――プラネットは、20 08年9月カスタマー・コミュニケーションズの株式の40%を三菱商事から譲受し、関連会社化しました。この狙いをうかがいたいのですが、その前に、プラネットの事業について教えていただけますか。
「プラネットの主要な事業は、EDI(Electronic DataI nt erch a nge =電子データ交換)といいまして、複数の企業が、商取引のための各種のデータを、通信回線を介して、コンピュータ同士で交換するサービスを提供するVA N(付加価値通信網)の運用会社です。主に化粧品日用品雑貨業界、その隣接業界のメーカー・流通業の取引業務効率化のために、このE DIサービスの利用率拡大と利用企業数の増加、消費財メーカー・卸売業・小売業を結ぶマーケティングネットワークのバイヤーズネットサービスの普及、インターネットによる新技術を活用したE DIシステムの開発や、新しいマーケティング手法に関する啓蒙普及などを行ってきました。言ってみれば、商取引のための情報インフラです」
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第10回】池田泉州銀行 フィナンシャルアドバイザリー部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

2019年1-12月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

ユニゾンの担当者が語る「共和薬品工業の総合ヘルスケアカンパニー戦略」

企業研究

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム