レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[編集部から]

2019年6月号 296号

(2019/05/20)

次号予告と編集後記(2019年6月号)

次号予告

2019年7月号
特集:「M&Aアクティビズムの最新動向と日本企業への提言」
2019年6月17日発売予定 
※内容は変更されることがあります。タイトルは仮題です。

編集後記

■平成から令和をまたいだ前例のない10連休でしたが、当方腰を傷めて遠出もできず、仕方なしに本の整理をしました。ページの耳を折ったり、色鉛筆で線を引いたりした本の中で1冊の本に手が止まりました。『つぎはぎだらけの脳と心―脳の進化は、いかに愛、記憶、夢、神をもたらしたのか?』(デイヴィッド・J. リンデン著)です。今では『脳はいいかげんにできている: その場しのぎの進化が生んだ人間らしさ』と改題されて河出文庫に収められているようです。人類の進化を脳に焦点を当てて解明した名著で、人間の脳は、進化の段階ごとにアイスクリームコーンにアイスクリームを積むように、つぎ足されてできたのだとリンデン先生は教えてくれます。進化の過程で、古い脳に新しい脳をかぶせるという非効率な構造になったため、脳を構成する神経細胞であるニューロンがあたかも処理の遅い、信頼性の低いプロセッサのようになっている。カリカチュアライズしていえば“獣の体の上に旧式のPCを載せた生物”が人間ということでしょうか。愛、記憶、夢、神、そして流行語大賞にもなった「忖度」といった“人間らしさ”も、こうしたいい加減な作りの脳の産物にほかならないといわれると、妙に腹落ちがします。(耕)

■GW中に諏訪大社に行きました。新旧年号の御朱印を求めた参拝客が多く、駐車場も道路も一杯で、タクシーの運転手が「こんなに混んでいるのは初めてだ」と驚いていました。政府は2020年の訪日外国人旅行者を4000万人、旅行消費額8兆円を目標に掲げています。観光客誘致に向けてWebでの情報発信や外国語対応といった整備を進めているところもあれば、京都のように観光客が殺到するあまり交通手段などの市民生活のインフラに差し障りが出ているところもあります。誘致のため地域が観光資源や観光インフラを整備して観光産業を育成することに加えて、観光客が集中している地域ともっと呼び込みたい地域を結び付けて人の移動を促す、例えば離れた観光スポットをつなぎ、アクセスを容易にした観光プログラムを交通や飲食店、入場料の割引サービスと組み合わせて提供し、SNSやアプリにより一目で確認できるようにするといった、広域での取り組みも必要なのではないかと思います。(澄)

バックナンバー

おすすめ記事

【第109回】M&Aによって長期的な価値創造を実現する計画とは?――グローバル実態調査から得られたポイント

座談会・インタビュー

マジェスティゴルフ(旧マルマン)<7834>、親会社によるTOBで上場廃止へ

速報・トピックス

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム