レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aスクランブル]

(2020/03/25)

新型コロナウイルス治療に向け、M&A効果最大活用が期待される武田薬品工業

マール企業価値研究グループ
 武田薬品工業(以下、武田)によるアイルランド製薬大手のシャイアーの買収から1年余りが経過した。この買収劇は日本のM&A史上最大の買収額(6兆9000億円)となったことで注目された。この買収により、シャイアーは武田の完全子会社となり両社の売上単純合計は3兆4000億円(2018年)に達し、世界第9位のメガ製薬企業の誕生となった。もともと武田は成長を牽引する新製品を長期にわたって世に出せておらず、収益力の低迷にあえいでいた。そこで武田は事業の選択と集中戦略を採り、希少疾患や血液製剤分野で強みをもつシャイアーの買収を決断した。シャイアーは患者数が少なくても利益率が高い新薬候補を比較的多く抱えており、競争相手も少ない(特に血液製剤はヒトの血液から製造するため、後発薬がなく高収益製品、市場の成長率は年6%程度といわれる)。武田は従来の得意分野である、消化器系疾患、中枢神経疾患に加えてがんや希少疾患(血液製剤、ワクチンも含む)を重点事業分野に定め、世界のメガ製薬企業と伍していく覚悟を決めた。

 また、この買収のもうひとつの狙いは海外売上高の比率向上である。シャイアーは海外拠点が多く、この買収により武田の海外事業拠点は約80カ国・地域に及び、特に米国市場の売上比率は、シャイアーの60%を超える高比率が一助となって、将来的には5割を超える見通しである。製薬業に限らず、国内市場の縮小にどう対応するかはあらゆる業種に共通するが、武田はシャイアーを取り込むことによってトップラインの拡大を揺るぎないものにしようとしている。そのけん引役となるのが開発中の新薬候補の数(パイプライン)だろう。17年度中はその数が24製品だったのが、19年度(4~9月)は39製品へと増加、うち8製品はシャイアーの開発品である。

 19年度第3四半期累計の決算を見ると、買収効果は徐々に顕在化してきているのがわかる。トップライン(売上収益、財務ベース)では消化器系疾患、希少疾患、血液製剤、ニュー..


続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

[緊急対談]コロナショック後を踏まえた事業戦略とM&A

座談会・インタビュー

[対談・座談会]

NEW [緊急対談]コロナショック後を踏まえた事業戦略とM&A

加藤 雅也(KPMG FAS シニアアドバイザー)
松田 千恵子(東京都立大学大学院 経営学研究科<ビジネススクール> 教授)

不確実性下におけるM&A取引のリスク分析と法務対応:~新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえて

視点・寄稿

[寄稿・寄稿フォーラム]

NEW 不確実性下におけるM&A取引のリスク分析と法務対応:~新型コロナウイルス感染拡大の影響を踏まえて

志村 直子(西村あさひ法律事務所 弁護士)
佐々木 秀(西村あさひ法律事務所 弁護士)
松本 祐輝(西村あさひ法律事務所 弁護士)

4月件数は3割減、新型コロナショック

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

4月件数は3割減、新型コロナショック

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム