レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[円谷先生のM&A基礎講座 [財務分析入門]]

(2016/10/12)

【第1回】 財務分析の基本手法

 円谷 昭一(一橋大学大学院商学研究科 准教授)

はじめに

 本連載では、「財務分析入門」と題して7回にわたって連載します。

 M&Aにおける財務分析手法も、他の目的での財務分析手法も基本的には同一です。企業の経営企画部門などが同業他社を分析する場合も、投資家が投資先を分析する場合も、銀行が融資先を分析する場合も、もちろん基本的な分析手法は同一です。したがってこの連載では、どのような目的であっても必要となるごく基礎的な分析について学びます。M&Aにおいて重視した方がよい分析視点については、連載の中で触れていきます。

 そもそも財務分析はなぜ有用なのでしょうか。「財務分析」とは、「財務諸表分析」のことです。財務諸表とは、「企業がその利害関係者に対して財政状態および経営成績に関する会計情報を提供するための手段」とされています(会計学大辞典)。財務諸表を分析するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

 たとえば、トヨタを分析するためにトヨタ本社の前にテントを張ってヒトやモノの流れを24時間観察したとして、それはトヨタのほんのごく一部分の動きでしかありません。本社以外にも世界中でトヨタは活動しています。それらを同時に隅々まで観察することは不可能です。そこで、複式簿記のシステムを用いて、そうしたトヨタのすべての活動をたった数枚に財務諸表で表現します。複式簿記は企業のあらゆる経済活動を記録し、集約して財務諸表に映し出します。よくルネサンスの三大発明として火薬、活版印刷、羅針盤が挙げられますが、この複式簿記をそれに含める識者もいるほどです。

 財務諸表には企業のあらゆる経済活動が集約されています。つまり、財務諸表を分析するということは、企業それ自体を分析することと同じことなのです。企業を知りたければ、その会社の財務諸表から知るしかありません。ここに財務(諸表)分析の重要性があります。

会計情報は「すでに起きた未来」

 財務諸表は、「諸」という文字からも分かるように、いくつかの表から構成されています。具体的には…


■筆者プロフィール■
円谷 昭一(つむらや・しょういち)
一橋大学大学院 商学研究科 准教授。2001年一橋大学商学部卒業。06年一橋大学大学院商学研究科博士課程修了、博士(商学)取得。埼玉大学経済学部准教授を経て、11年より現 職。経済産業省「持続的成長への競争力とインセンティブ-企業と投資家の望ましい関係構築を考える-」委員、「企業会計とディスクロージャーの合理化に向 けた調査研究」委員などを歴任。日本IR協議会客員研究員。主な論文に「機関投資家ファンダメンタルズと株主総会投票行動の関連性(月刊資本市場2016 年9月)」、「IFRSの任意適用が経営者業績予想の精度に与える影響(會計2016年6月)」など。

※詳しい経歴はこちら

 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

 【第4回】行動3 入念な準備に「時間をかける」

スキルアップ講座

[「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む ~経済産業省 海外M&A研究会報告書より]

NEW 【第4回】行動3 入念な準備に「時間をかける」

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)

オウケイウェイヴ<3808>、日本PCサービス<6025>に資本参加

速報・トピックス





M&A専門誌 マール最新号

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社レコフ主催 クロスボーダーM&Aセミナー ASEAN進出のトレンド~M&A成功の要件
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム