レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2016年4月号 258号

(2016/03/15)

第134回 総合スーパー業界

 マール企業価値研究グループ

大手がそろって営業赤字 ビジネスモデルを見直し、M&Aでグループの生き残りを図る動きも

  日本の流通業界を支えてきた総合スーパー(GMS)の不振ぶりが顕著になってきた。大手各社は大量閉店を打ち出したり、業態転換を模索したりしている。2016年は総合スーパーの大変革期として記憶されることになるかもしれない。

  2015年3~11月期決算はイオンとイトーヨーカ堂はそろって単体で営業赤字となり、業界全体の業績の悪化を大きく印象付けた。イオンは既存店舗を全面改装し、「脱・総合スーパー化」を図るほか、イトーヨーカ堂は収益改善が見込めない40店を今後5年で閉鎖する方針を明らかにしている。ユニーを傘下に持つユニーグループ・ホールディングスは2016年9月、ファミリーマートと経営統合し、グループ力の強化でGMSの再建を目指す。戦後、日本の高度経済成長とともに、食品から衣料品、日用品まで総合的な品揃えで消費者のニーズをつかんできた総合スーパー(GMS)は、現在、ビジネスモデルそのものが問われている。各社の最新の動きを追いながら今後を展望する。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【デービッド・アトキンソン氏が直言】日本経済復活のカギは中小企業改革

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

NEW 【デービッド・アトキンソン氏が直言】日本経済復活のカギは中小企業改革

デービッド・アトキンソン(小西美術工藝社 社長)

【第113回】実態調査で明らかになった「CVCの課題」と5つの提言

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第113回】実態調査で明らかになった「CVCの課題」と5つの提言

青木 義則(PwCアドバイザリー合同会社 スタートアップ・ディール・アドバイザリー リーダー/パートナー)
長谷山 京佑(同 スタートアップ・ディール・アドバイザリー シニアマネージャー)

株主還元関連議案の株主提案

M&A戦略・実務

[M&A戦略と法務]

NEW 株主還元関連議案の株主提案

小川 周哉(TMI総合法律事務所 パートナー弁護士)
吉井 翔吾(TMI総合法律事務所 弁護士)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム