[特集インタビュー]

2024年1月号 351号

(2023/12/11)

【牧 謙社長が語る】TOTOKU(旧東京特殊電線)がカーライルと組んで描く成長の青写真

牧 謙(TOTOKU 代表取締役社長)
西澤 利彦(カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージング ディレクター)
  • A,B,EXコース
牧 謙・TOTOKU 代表取締役社長(左)と西澤 利彦・カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージング ディレクター)

牧 謙・TOTOKU 代表取締役社長(左)と西澤 利彦・カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージング ディレクター)

 カーライル・グループは、傘下のTTCホールディングスを通じて2022年11月~12月にかけて東証スタンダード市場に上場していた東京特殊電線に対してTOBを実施(買収額約380億円)。その後、2023年4月1日付でTTCと合併して社名を「TOTOKU(トウトク)」に変更した。TOBでは、156%というプレミアムが破格の水準ではないかと話題になった。

 東京特殊電線は1940年に設立され、2012年には古河電工の連結子会社になった。社名の通り、当初は抵抗線や諸電線の製造を行っていたが、近年は、長年培ってきた素材加工技術をベースに、IT機器向け配線材のほか半導体検査機器用の極細合金線、自動車向けシート用ヒータ線等に注力。自動車向けシート用ヒータ線では世界シェア4割を占める等、収益力の高いニッチな分野で存在感を発揮している。なお、2022年3月期の売上高は約209億円、純利益は約23億円となっている。

 新たなスタートを切ったTOTOKUの買収経緯と、今後の成長戦略について、TOTOKUの牧謙・代表取締役社長とカーライル・ジャパンの西澤利彦・マネージング ディレクターに聞いた。
<インタビュー>
新たな経営体制の下、高い技術力を武器にグローバル市場を攻める

 牧 謙(TOTOKU 代表取締役社長)
 西澤 利彦(カーライル・ジャパン・エルエルシー マネージング ディレクター)
<目次>
  • 2023年4月1日、新生「TOTOKU」がスタート
  • 構造改革で事業の“選択と集中”を断行
  • 156%の高いプレミアムを乗せた経緯
  • 新経営陣の顔ぶれ
  • 今後の市場環境とグローバル経営の強化
  • さらなる成長を目指す
  • インオーガニックの成長を目指すM&Aも
  • 人づくり、売上高を拡大し、いずれはIPOも視野に

2023年4月1日、新生「TOTOKU」がスタート

―― カーライル・グループは、傘下のTTCホールディングスを通じて2022年11月~12月にかけて東証スタンダード市場に上場していた東京特殊電線に対してTOBを実施。その後、2023年4月1日付でTTCと合併して社名を「TOTOKU」に変更しました。TOTOKU買収の経緯についてお聞かせください。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、EXコース会員限定です

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

関連記事

バックナンバー

おすすめ記事

スキルアップ講座 M&A用語 マールオンライン コンテンツ一覧 MARR Online 活用ガイド

アクセスランキング