レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[業界動向「M&Aでみる日本の産業新地図」]

2018年1月号 279号

(2017/12/15)

第154回 電機業界~電機大手 決算好調

 マール企業価値研究グループ

ソニー 20年ぶり過去最高益を更新
日立 事業の「選択と集中」で好調


  電機大手のソニーの2017年9月中間連結決算は、連結営業利益が中間期としては20年ぶりに過去最高を更新した。スマートフォンなどに使う画像センサーの売り上げ増がけん引役となっている。日立製作所も設備に対する需要が世界的に旺盛なことを背景に、2017年9月中間連結決算で、過去最高の営業利益を確保した。ソニーと日立は、2000年代以降、業績が大きく低迷した時期があったが、成長分野に資源を投じる「選択と集中」の経営の成果が業績に表れてきた。

ソニー スマートフォン向け画像センサーがけん引

  ソニーが2017年10月末に発表した2017年9月中間連結決算(米国基準)は、営業利益が前年同期比3.5倍の3618億円で、中間期としては20年ぶりに過去最高を更新した。同時に、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第99回】<M&A担当者必読!>米国の対米外国投資委員会(CFIUS)及び同委員会の権限強化法(FIRRMA)の重要ポイント

石田 雅彦(DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 コーポレート部門代表パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
Danish Hamid(ダニッシュ・ハミド: DLA Piper ワシントンDCオフィスパートナー)
(協力:丸山 翔太郎 [DLA Piper東京パートナーシップ 外国法共同事業法律事務所 アソシエイト 弁護士] )

経営者報酬制度の改革とM&Aに与える影響

M&A戦略・実務

[M&A戦略と法務]

経営者報酬制度の改革とM&Aに与える影響

 髙原 達広(TMI総合法律事務所 弁護士)


M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

株式会社レコフ 企業戦略に沿ったM&A実現をサポート
株式会社ワールディング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム