[セミナー・イベント]

(2024/06/07)

第71回 「PBR1倍超」達成のための実践手法―ケーススタディを通じて学ぶ

2024/7/22(月)15:30-17:00

KPMG FAS 執行役員パートナー/KPMGジャパン 製造セクター統轄パートナー 岡本 准氏

セミナー概要

1.目的・狙い
東京証券取引所が2023年3月に全上場会社を対象に、「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応」を要請し、1年が経過しました。その影響もありプライム企業の内、PBRが1倍を下回る企業は890社から649社に減少しました。しかし649社はプライム市場全体の40%弱を占めており、依然として多くの企業がPBR向上への課題を抱えています。

海外に目を向けると、PBR1倍割れの企業割合は、米国では10%程度、ヨーロッパでは20%程度であり、日本企業のPBRは他国に比べて突出して低くなっています。更に「コングロマリット・ディスカウント」にある企業も一定程度存在しています。

本講義では、こうした状況を打破するPBR向上策について、PBRを構成するROE向上策はもとより、これまであまり語られることのなかったPERの向上策についても解説します。講義では、ケーススタディとして、具体的な事例を参照しながら解説します。

2.主な内容

1.日本企業のPBR
2.PBRの構造
3.ROIC経営
事業の選択と捨象
ROICツリー管理
4.PERマネジメント【無形資産経営】
5. ケーススタディ

想定される主な受講者

① 事業会社の経営企画・事業企画担当者(M&A担当者)
② 事業会社の財務・経理担当者
③ 会社役員(社外取締役・社外監査役含む)
④ 研究者・学生
※コンサルティングファーム(戦略系ファーム、FAS系ファーム含む)の方からのお申し込みはご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。

■参考記事

講演者

岡本 准 氏(KPMG FAS 執行役員パートナー/KPMGジャパン 製造セクター統轄パートナー)

PHP研究所、総合系コンサルファーム戦略部門、外資系企業再生ファームを経て現職。イノベーションマネジメント、R&D/M&A/CVC投資戦略、R&D投資最適化、ROIC経営といった経営変革案件を専門とし、当該テーマにおける20年以上の経験を有する

-講師の先生より-
PER向上に資する無形資産投資の解説が本講義の特徴となります。

開催概要

テーマ「PBR1倍超」達成のための実践手法―ケーススタディを通じて学ぶ
開催日時2024年7月22日(月)15時30分~17時00分
参加費
  • 無料会員様
    27,500円(税込)
  • 有料会員様(M&A専門誌「マール」購読者)
    ・A/EXコース
    8,800円(税込)
    ・Bコース
    11,000円(税込)
    ・Cコース
    27,500円(税込)
  • MARR ProまたはレコフM&Aデータベースご契約者様
    8,800円(税込)
  • M&A仲介協会 幹事会員様、正会員様
    8,800円(税込)

有料会員(A/B/EXコース)の方はセミナーを特別価格で受講できます。

会員登録はこちら
定 員

50名(先着順)

※コンサルティングファーム(戦略系ファーム、FAS系ファーム含む)の方からのお申し込みはご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
※申込者本人のみのご参加に限らせていただきます。他にもご参加を希望される方がいらっしゃる場合、おひとり様ずつお申し込みをお願いいたします。
※IDごとにご参加の人数を制限させていただく場合がございます。
※お申し込み確認後、弊社担当者よりご連絡させていただきます。メールが届かない場合は、お手数ですが弊社までお問い合わせください。

開催形式

オンラインセミナー
※配信ツールは「Zoom」を使用いたします。

※参加申込規定は こちら

お問い合わせ

電話番号
03-6371-1210
メールアドレス
ma_seminar@recofdata.co.jp
フォーム
お問い合わせフォーム

アクセスランキング