レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【クロスボーダーM&A】「海外M&Aを経営に活用する9つの行動」を読む(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

(2018/09/26)

【第9回】行動8 海外M&Aによる自己変革とグローバル経営力

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)
ポストマージャーインテグレーションからポストマージャートランスフォーメーションへ

  多くの日本企業から「買収した海外の企業をうまくグリップできていないが、どうすればよいか」といった相談を受ける。対象会社のことを理解できていない、初歩的なところではそもそもコミュニケーションが十分でない、PMIを体系的に実施していない、といったさまざまな表層的な要因はあるものの、つまるところマネジメントに足るだけの制度・インフラ・能力がそもそも欠けていることが多い(結果として対象会社が見えていない)。日本人が日本人をマネジメントすることはできても、言語や文化の壁があり、外国人を含めたチームをマネジメントすることは難しく、外国人だけのチームをマネジメントすることはさらに難しい。海外企業買収におけるPMIとはつまるところ、グローバル経営の問題へと行き着く。グローバル経営のノウハウ・体制は多くの日本企業にとってまだまだ課題であることは、当社が行った昨年度のアンケート調査からも明らかである。





  しかし、グローバル経営力がないからといって、当面は海外M&Aをやめておこうという選択肢をとる時間はもはや日本企業に残されていない。問題はグローバル経営力が十分ではない状況において、如何に海外M&Aを上手くやるか、成功確率を上げるか、という論点であろう。

  そういった意味で、グローバル経営力が不十分な日本企業にとって、欧米のM&A慣れしている企業がとるインテグレーション(統合)アプローチはほとんど参考にならない。むしろ…



デロイト トーマツ コンサルティング合同会社

■筆者略歴
汐谷 俊彦(しおたに・としひこ)
コンサルティング会社、事業会社企画部門を経て現職。
日本企業による海外企業買収にかかわるM&A/PMI、日本企業の海外投資/進出に関する経験多数。
M&Aを基点にした企業変革、グローバル戦略、事業再編に強み。その他事業戦略立案などを主に経験。





続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【冨山和彦氏が直言】アスクル問題で支配的株主の“一線を越えた”ヤフーが突き付けたもの

座談会・インタビュー

[特集・特別インタビュー]

NEW 【冨山和彦氏が直言】アスクル問題で支配的株主の“一線を越えた”ヤフーが突き付けたもの

冨山 和彦(日本取締役協会副会長、株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO)

【第4回】 事業ポートフォリオマネジメントを支えるコーポレートの在り方と経営インフラ

スキルアップ

[【コーポレートガバナンス】よくわかるコーポレートガバナンス改革~日本企業の中長期的な成長に向けて~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第4回】 事業ポートフォリオマネジメントを支えるコーポレートの在り方と経営インフラ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

【第3回】 株式の事前の取りまとめ時における税務上のポイント及び非上場株式の時価の考え方

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第3回】 株式の事前の取りまとめ時における税務上のポイント及び非上場株式の時価の考え方

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム