レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[書評]

2016年10月号 264号

(2016/09/15)

今月の一冊 『中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来』

 岩村 充 著/新潮社/1400円(本体)
 [評者]岩田 一政(公益社団法人日本経済研究センター 代表理事・理事長)

今月の一冊 『中央銀行が終わる日―ビットコインと通貨の未来』岩村 充 著/新潮社/1400円(本体)   「中央銀行が終わる日」というタイトルは、刺激的だ。内容をよく読むと、中央銀行そのものではなく、中央銀行が責任を負っている「経済政策としての金融政策が終わる日」というのが著者の本来の意図であったことが分かる。しかし、ビットコインなど仮想通貨の台頭により中央銀行の貨幣発行独占が終焉する場合には、中央銀行制度とその役割は大きな変容を迫られることになろう。

  著者は、マクロ経済政策としての金融政策は、将来の緩和や引き締めを借りてくるだけで、「インフレ期待」を一挙に高める魔法の杖など存在しないと説く。また、現在の豊かさと将来の豊かさを交換する機能をもつに過ぎない金融政策は、将来の豊かさが消滅した場合(著者はこれを「流動性のワナ」と呼んでいる)には、何の効果も与えることが出来ない。日本経済が、成長経済から停滞経済に移行し、「長くしぶといデフレ」と「短い水準調整インフレ」が景気循環として現れる経済では、金融政策の果たすべき役割は消滅すると論ずる。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム