レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&A戦略と会計・税務・財務]

2020年1月号 303号

(2019/12/16)

第150回 中国における不良債権ビジネスの動向

池田 道生(PwCアドバイザリー合同会社 ビジネスリカバリーサービス ディレクター)
豊田 章介(PwCアドバイザリー合同会社 ビジネスリカバリーサービス ディレクター)
はじめに

 過剰債務問題や日中貿易摩擦の影響で中国経済は成長が鈍化しており、データサービスのFactivaによると2018年に全国の裁判所が受け付けた企業破産の申請件数は1万9000件と、2年前の3倍以上になっている。

 中国の銀行が抱える不良債権残高も急増しており、当局も複数の貸出債権を一括で売却する「バルクセール」等による不良債権処理を促進しているものの、不良債権の新規発生の方が上回っており、増加に歯止めがかからない状況が続いている。

 政府は不良債権処理加速のために海外投資家への規制緩和等を実施しており、商機とみた外資系金融機関や外資系ファンドが数年前より不良債権の購入を拡大している。

 本稿では、中国における不良債権ビジネスの動向をご紹介したい。


中国における不良債権残高推移

 2008年のリーマンショック後に中国政府は4兆元の景気刺激策や大規模な金融緩和を実施した。これらの景気対策は、中国経済だけでなく世界経済の回復に貢献した一方で、副作用として、不動産や鉄道・道路・空港などのインフラ、生産設備などへの投資依存が常態化し、地方政府や企業が多額の債務を抱え、習近平主席が“灰色のサイ”と呼ぶ過剰債務問題に繋がった。

 こうした状況を踏まえ、2015年以降、政府は債務圧縮に向けた取り組みに着手している。地方政府等はインフラ投資等に必要な資金を外部調達に依存してきたため、2018年に入るとインフラ投資等が急減速し、景況感が軟化していたところに米中貿易摩擦が加わり、中国経済の減速は鮮明化している。

 景気減速に伴って中国の銀行が抱える不良債権残高は膨らみ続けている。中国銀行保険監督管理委員会によると、商業銀行が抱える不良債権残高は2兆元(約30兆円)程度で、

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

不況下におけるM&AとMAC条項に関する一考察

M&A戦略・実務

[M&A戦略と法務]

不況下におけるM&AとMAC条項に関する一考察

TMI総合法律事務所 弁護士 高橋 聖

【第11回】伊予銀行 コンサルティング営業部

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第11回】伊予銀行 コンサルティング営業部

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

海外M&AのPMIとコンプライアンス

視点・寄稿

[視点]

NEW 海外M&AのPMIとコンプライアンス

関口 尊成(日比谷中田法律事務所 弁護士、ニューヨーク州弁護士)



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム