レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々]

2020年2月号 304号

(2020/01/20)

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第8回)

第2章「本社組織の改革編」 第2話「本社組織の現状」

伊藤 爵宏(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 シニアマネジャー)

【登場人物】

サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 部長
堀越 一郎
サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 次長
木村 遼太
サクラ電機株式会社 本社 経営企画部 スタッフ
山本 朝子
(前回までのあらすじ)

 サクラ電機 本社経営企画部の部長である堀越 一郎は、事業への権限委譲が進む中で肥大化を続ける本社部門の改革を進めるよう、経営会議にて言い渡された。
 自らも本社部門に対する課題意識を有する堀越は、東南アジアにおけるガバナンス改革プロジェクトでの一仕事を終えた木村 遼太 次長を呼び出し、本社部門の改革について具体的な構想策定に着手しようとしていた。
 これは、あるコーポレートの経営企画部次長が、様々なコーポレートアジェンダに携わり、そして経営と現場の間で葛藤しながら、自社におけるグローバル経営の在り方を模索するストーリーである。



部長からの指示

 「木村君、さっき報告会議を終えたばかりのところ申し訳ないんだけど、ちょっと相談があるから話できるか?」
 上司である堀越からの声が背中に投げかけられ、木村はギクッとして振り返った。
 東南アジアにおけるガバナンス改革プロジェクトの顛末を堀越に報告して一仕事終えたところで、コーヒーを飲みながら一緒に報告をした山本と談笑していたところであった。
 抜け目のない堀越のことだ。すでに自分に与える次の仕事は考えてあるだろうと木村は何となく予想していた。「今日くらいゆっくりさせてもくれないのか…」という気持ちがないわけでもなかったが、木村はそれが見えないように、了解した旨を返答して近くの会議室を手配した。
 「これを見てほしい」
 堀越と木村が会議室に入ると、堀越は木村に1つの資料を手渡した。資料には、緩やかに右肩上がりになった棒グラフが示されている。
 「本社部門の従業員数ですか…」
 木村はグラフのタイトルを見ながら答える。
 「そうだ」
 堀越は頷き、そして続ける。
 「木村君も知っての通り、我々は事業本部にグローバル連結の経営責任を付与し、権限委譲を進めてきた。事業本部は自律的に事業執行を行えるだけの機能と権限を有している。本来であれば、それに伴って本社部門は小さく、軽くなって然るべきだ」
 堀越の意図を汲みながら、木村は答える。
 「それにも係らず、本社部門の従業員数は減少するどころか、徐々に増えてしまっている。つまり、本社部門にムダがある可能性が高いということですね」
 堀越は再度頷く。
 「そういうことだ。そこで、経営会議にて、本社部門のスリム化を我々経営企画部が事務局となって推進していくよう指示があった。木村君、東南アジアのガバナンス改革プロジェクトが軌道に乗った直後に申し訳ないが、本件のリードをとってもらえないか。これまでと同じように、山本さんにも手伝ってもらうといい」
 木村は「本社部門のスリム化か…」と心の中で反芻した。木村が事業本部に所属していた際の記憶からすると、たしかに本社は「支援」という名の「口出し」や「指示」が多く、ムダな業務が多いように思われた。おそらく、堀越も同じ認識だろう。しかし、本社というのは各機能担当役員の管掌下にある部門が束ねられた「伏魔殿」でもある。東南アジアでは色々な子会社と対峙したが、それと同じかそれ以上の協議と交渉が必要になりそうだと木村は感じた。
 「木村君、どうだろう。やってもらえるか」
 堀越からの声に我に返った木村は、「また大変な仕事だな…」と思いながら、「承知しました」と答えた。

現状整理の難しさ

 堀越からの指示を受けた木村は、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

スキルアップ

[【事業再生】事業再生案件のM&A実務~PEファンドによる事業再生プロセス(ニューホライズンキャピタル)]

NEW 【第6回】PEファンドによる事業再生の具体例

長瀬 裕介(ニューホライズンキャピタル マネージングディレクター)

M&Aにおけるアドバイザー費用の損金算入性と税務調査における対処法

M&A戦略・実務

[M&A戦略と法務]

NEW M&Aにおけるアドバイザー費用の損金算入性と税務調査における対処法

内海 英博(TMI総合法律事務所 パートナー 日本国及びNY州弁護士/日本国及び米国公認会計士)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム