レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aの現場から]

2012年11月号 217号

(2012/10/15)

マネックス・ハンブレクト 国内外のネットワークを生かし中堅企業に高い知見のM&Aアドバイスを行う

 清明 祐子 社長

マネックス・ハンブレクトは、米国の投資銀行WR Hambrecht+Coのほか、マネックスグループなどの共同出資で2005年9月にWRハンブレクトジャパンとして設立。その後、10年2月社名をマネックス・ハンブレクトに変更した。現在の資本構成は、マネックスグループ84.1%、Zenshin Capital Partners II, L.P.7.9%、Hambrecht Partners Holdings, LLC.5.5%となっている。
「現社名への変更は、マネックスグループのグループ会社としての認知度を高めるとともに、業容の拡大を目的として行いました。現在は、独自のネットワーク拡充のほか、株主並びにパートナー企業との協業にも積極的に取組み、また、大手法律事務所との業務提携も果たしております。当社は、これらの幅広いネットワークと多様なバックグラウンドを有するメンバーの知見や豊富な実務経験を活かして、中堅企業のお客様に対して、M&A戦略検討から実務支援及びプロジェクト実行後のサポートまで、親身のサービスを提供し、その成功にコミットいたします。特に得意とする分野は、IT分野のほか、BPO(business process outsourcing)分野、ヘルスケア分野、資本再編(資金調達)、企業再生などです」と語るのは、清明祐子社長。

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

「日高屋」業績低迷の原因はちょい飲みの減少だけ? ~ 新メニューの開発でリピート率向上を

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 「日高屋」業績低迷の原因はちょい飲みの減少だけ? ~ 新メニューの開発でリピート率向上を

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

ユニゾンの担当者が語る「共和薬品工業の総合ヘルスケアカンパニー戦略」

企業研究

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム