レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[編集長インタビュー]

2016年10月号 264号

(2016/09/15)

ガバナンス改革の現状と課題 ~CFOは『自律』と『他律』の懸け橋

 伊藤 邦雄(一橋大学CFO教育研究センター長、一橋大学大学院商学研究科 特任教授、中央大学大学院戦略経営研究科特任教授)

伊藤邦雄
<目次>

伊藤レポートと2つのコードのインパクト

伊藤レポートはガバナンス改革に向けた『見取り図』

-- マールの2014年12月号のインタビューでは、伊藤レポート(『持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~』プロジェクトの最終報告書)の本質について、生みの親である伊藤先生に語って頂きましたが、それから2年、2つのコードが本格適用となり、日本企業も変革の途上にあります。一連のガバナンス改革について、現時点でどのように評価され、今後何が大事かについてお聞きしたいと思います。
  そこで先ず、伊藤レポートが果たした役割、2つのコードとの関係についてお伺いします。

「14年2月に日本版スチュワードシップ・コード(以下、『SC』という。)が策定され、8月に伊藤レポート公表、2015年6月にコーポレートガバナンス・コード(以下、『CGC』という。)が適用開始となりましたが、これらの公表の順序を気にしないで言うと、伊藤レポートは、一連のガバナンス改革に向けた『見取り図』の役割を担ったと思います。
  別の言い方をすると、SCは投資家側の規律であり、CGCは企業側の規律ですが、この2つだけだと、いずれも規律の強化と理解され、投資家、企業ともに受け身の対応になりがちです。伊藤レポートには、なぜ日本に変革が必要なのかという、2つのコードが本来目指している根源的な目的が書き込まれていて、この3つを一体として理解することで、投資家と企業が主体的に改革に取り組むことを目指しているわけです」

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

なぜ事業承継のM&Aは「仲介」が多いのか

速報・トピックス

米国マネーの内向き化はいつ解消するのか ~ 自社株買いに流れる海外子会社からの還流資金

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

NEW 米国マネーの内向き化はいつ解消するのか ~ 自社株買いに流れる海外子会社からの還流資金

藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム