レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[Webインタビュー]

(2020/09/18)

【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る

――喜多慎一郎氏が株式会社アドバンテッジパートナーズ代表取締役に就任、組織強化も

笹沼 泰助(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 代表パートナー)
喜多 慎一郎(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 シニア パートナー)
右から:笹沼泰助氏、喜多慎一郎氏
右から笹沼 泰助氏、喜多 慎一郎氏
大型の案件も投資可能に

―― 2020年4月に総額850億円の第6号ファンドを設立されました。6号ファンド設立の経緯、投資戦略についてお聞かせください。

喜多 「5号ファンドは約600億円のファンドで、2020年の頭に13件目となる富士通インターコネクトテクノロジーズに投資を実行しました。これで新規の投資は終了し、これからは既存投資先の追加投資やエグジットに注力していくことになります。足元は、新型コロナの影響で苦戦している案件もありますが、全体的には非常にバランスの良いポートフォリオとなっていると思います。また、昨年はICI石井スポーツのヨドバシホールディングス様への株式譲渡、今年3月にはきずなホールディングスという葬儀会社の株式上場など、5号ファンド初期投資案件のイグジットが始まっている状況です。そこで、後継ファンドを立ち上げる必要があるということで、今回の6号ファンド設立となりました。

 6号ファンドについても、基本的な投資戦略としては従来と同じく、中堅企業を中心に、事業承継案件や大企業子会社のカーブアウト案件への投資という戦略を継承していきますが、今回のファンドは対象企業に合わせた投資規模やストラクチャーに、より柔軟に対応できるようになっています」
 
―― 5号ファンドと具体的にどういう点が変わったのですか。

喜多 「5号ファンドに比べ、6号ファンドではエクイティサイズについての制約が緩和されました。例えば、少し大きめの投資案件に対し、LP投資家や他ファンド、事業会社と協調で取り組むことの自由度が増しています」

―― 従来より大型の案件でも投資可能になったということですね。

喜多 「5号ファンドの案件サイズは1件あたり平均で40億円ぐらいです。6号ファンドも基本的な投資戦略自体は変わりませんが、ファンド規模が大きくなり、各種制約が緩和されたことにより、平均的な案件サイズはもう少し大きくなると思います。実際に6号ファンドでは、企業価値で1000億円に近い案件も検討しています」

投資対象として注目する分野

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「会員登録」からお申込みください。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

コロワイドは大戸屋を再建できるか ~ 「セントラルキッチンvs店内調理」の二元論を超えて

速報・トピックス

[藤原裕之の金融・経済レポート]

コロワイドは大戸屋を再建できるか ~ 「セントラルキッチンvs店内調理」の二元論を超えて

藤原 裕之((同)センスクリエイト総合研究所 代表)

【第4回】働き方・ワークスタイル変革

スキルアップ

[【企業変革】ポストコロナ時代の経営アジェンダ ~ ゲームのルールが変わる瞬間 ~(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)]

NEW 【第4回】働き方・ワークスタイル変革

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム