レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[M&Aトピックス]

(2020/07/27)

アドバンテッジパートナーズの代表取締役に喜多慎一郎氏就任

アドバンテッジパートナーズシニアパートナーの喜多慎一郎氏が7月15日付で代表取締役に就任した。併せて、国内バイアウトファンド運営事業の責任者に就いた。

アドバンテッジパートナーズグループは業界のパイオニアとして1997年の第1号ファンドの設立以来、累計62件の投資を実行し、本年4月には総計850億円の第6号ファンドを設立している。
喜多氏は、同社グループの日本におけるオペレーションを総括するアドバンテッジパートナーズの代表取締役に就任し、従来より代表取締役を務める創業者の笹沼泰助氏との2人体制となる。また、第6号ファンドの投資活動が本格化するこのタイミングで、国内バイアウトファンド運営事業の責任者にも任命された。

喜多氏は、ベイン・アンド・カンパニー・ジャパンにて、国内外の大手企業に対する経営戦略コンサルティングに従事した後、2003年にアドバンテッジパートナーズグループに参画。2006年にパートナー、2014年にシニアパートナーに就任し、これまで通算20社の投資案件に関わる。また、2015年に投資を開始した国内バイアウト第5号ファンドから、投資委員会の一員として、ファンドの投資意思決定の中核を担っている。

バックナンバー

おすすめ記事

米国市場攻略に向けて事業規模拡大を加速させるセブン&アイ・ホールディングス

速報・トピックス

【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

NEW 【第120回】【アドバンテッジパートナーズ】第6号ファンド850億円の投資戦略を語る

笹沼 泰助(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 代表パートナー)
喜多 慎一郎(アドバンテッジパートナーズ 代表取締役 シニア パートナー)

【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

スキルアップ

[【企業変革】ポストコロナ時代の経営アジェンダ ~ ゲームのルールが変わる瞬間 ~]

NEW 【第2回】今後起こりうる4つのシナリオ

汐谷 俊彦(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社 執行役員)

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム