[M&Aの現場から]

2021年4月号 318号

(2021/03/15)

【DNX Ventures】日米市場を中心にB2Bスタートアップへの投資を行う

倉林 陽(マネージングパートナー・日本代表)
  • 無料会員
  • A,B,C,EXコース
倉林 陽氏

倉林 陽氏

 DNX Venturesは、2011年Draper Nexus Ventures(ドレイパー・ネクサス・ベンチャーズ)として創業された。

 「当社は、米国シリコンバレーの有力ベンチャーキャピタル(VC)であるドレイパー・フィッシャー・ジャーベットソン(DFJ)の創業一族であるTim Draper氏の支援で日米版VCという形で11年に1号ファンドをスタートさせました。2号ファンドは15年、そして18年に3号ファンド(米国デラウェア州法に基づき設立されたファンドおよび日本の投資事業有限責任組合等から構成されるファンド:315ミリオンドル)が設立(20年8月組成完了)されましたが、これを機に19年2月13日、名称をDNX Ventures(ディー・エヌ・エックスベンチャーズ / 以下DNX)へと変更しました。」と語るのは、同社のマネージングパートナー・日本代表の倉林陽氏。

 倉林氏は、

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。

マールオンライン会員の方はログインして下さい。ご登録がまだの方は会員登録して下さい。

バックナンバー

おすすめ記事