レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[書評]

2016年12月号 266号

(2016/11/15)

今月の一冊 『投資で一番大切な20の教え 賢い投資家になるための隠れた常識』

 ハワード・マークス 著/貫井 佳子 訳/日本経済新聞出版社/2000円(本体)
 [評者]伊藤 友則(一橋大学大学院 国際企業戦略研究科 教授)

今月の一冊 『「投資で一番大切な20の教え」賢い投資家になるための隠れた常識』ハワード・マークス 著/貫井 佳子 訳/日本経済新聞出版社/2000円(本体) 「貯蓄から投資へ」と言われるようになってから随分経つが、日本の個人金融資産1700兆円の中で、現金・預金は依然53%という高い水準を維持している。これは、日本の個人が金融機関に長らく損をさせられてきた歴史の産物でもあるし、日本では投資教育が十分行われてこなかった帰結でもあると考えられるが、本書はそのような日本において、個人にとっても、投資のプロにとっても、極めて有益な投資の指南書である。

  著者はオークツリーというオルターナティブ投資をしている米国の投資運用会社の創設者だが、あの「賢人」ウォーレン・バフェットもこの本を絶賛している。

  基本的な投資哲学はバリュー投資である。「20の教え」の中で、いかにこのバリュー投資を行うのか、共通する間違いや気をつけるべき点などを、投資の素人でもわかりやすいように解説している。

  投資リスクについての考え方は伝統的金融理論とは大きく違い、リスクはないという考え方が浸透することにより、むしろ投資リスクは高くなり、逆に、リスクが高いと一般的に認識されている時ほど、実はリスクは低いと断じている。つまり、リスクプレミアムは市場環境により変動すると結論付けている訳である。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

なぜ事業承継のM&Aは「仲介」が多いのか

速報・トピックス

ユニゾン・キャピタルと組んで「地域ヘルスケア連携基盤」を設立

企業研究

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

ユニゾン・キャピタルと組んで「地域ヘルスケア連携基盤」を設立

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム