レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[産業構造の変化に対応するM&Aの実務]

2013年5月号 223号

(2013/04/15)

第11回 べンチャ―企業のM&Aと実務の課題

 島田 英海(アーンストアンドヤング・トランザクション・アドバイザリー・サービス ディレクター)

   ベンチャービジネスで起業し、IPOを実現、M&Aで事業拡大のステージを迎える、新たな産業を生み出す力は必ずしも大企業だけではありません。ベンチャー企業のイノベーションとベンチャー・スピリットは、日本経済の成長戦略を実現し、産業構造を活性化する大きな可能性を秘めています。本稿ではベンチャー企業のM&Aと実務の課題について、検討してみます。

1. はじめに

   ベンチャービジネスは、特許や独創的なアイデアで新しい技術やサービスを開拓し、特定の分野で世界的なシェアを獲得していくことで、新たな産業を創出する可能性を秘めています。時代のニーズを先取りするベンチャービジネスは、成長性の高い分野で芽を出して、事業の価値を高めていきます。
   今、どのような分野においてベンチャー企業は育っているのでしょうか。日本企業はベンチャー企業に対するM&Aにどのように取り組んでいるのでしょうか。また、ベンチャービジネスの出口において、M&Aの活用はどのように位置づけられるのでしょうか。

2. EOYプログラム

   アーンストアンドヤングではEOY(Entrepreneur of the year)プログラム(起業家表彰制度)を毎年主催し、世界中の起業家を支援しています。世界の著名な起業家、例えば、デル・コンピューターのマイケル・デル、アマゾンのジェフ・べゾスなどが、アーンストアンドヤングが主催する“World Entrepreneur Of The Year”に選出・表彰されています。日本では、2001年よりEOY Japanとしてスターし、全国から新分野で活躍する起業家を選出して、そのアントレプレナーシップを称え、共感を呼ぶロールモデルとして表彰しています。
   これらの起業家が活躍するのは、テクノロジー、ライフサイエンス、環境、エネルギー、小売サービスなどの分野が中心となってきています。日本の成長戦略を担い、新しい産業創出の契機となる可能性を秘めたビジネスとはどのようなものなのでしょうか、EOYの受賞者の事例を引きながら検討を進めてみます。

3. 産業別のベンチャーの機会
 

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第2回】 コマーシャルDDとオペレーショナルDD

スキルアップ

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

NEW 【第2回】 コマーシャルDDとオペレーショナルDD

高橋 正幸(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション シニアアソシエイト)

<新連載>【第1回】 ビジネスDDの目的と概要

スキルアップ

[【DD】M&Aを成功に導くビジネスDDの進め方(PwCアドバイザリー合同会社)]

<新連載>【第1回】 ビジネスDDの目的と概要

松田 克信(PwCアドバイザリー合同会社 ディールズストラテジー&オペレーション パートナー)



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム