M&A専門誌マール

2014年03月26日(水)

藤原裕之の金融・経済レポート

イノベーションを生む新たな「投資」のかたち ~サイコロを振り続けられる仕組みとは

 藤原 裕之((一社)日本リサーチ総合研究所 主任研究員)

収益好調も国内設備投資は依然低迷

 企業収益が好調に推移している。法人企業統計によると、13年10-12月期の全産業(金融・保険除く、以下同様)の経常利益は前年比26.6%(7-9月期:同24.1%)と8四半期連続の増加となった。水準をみてもリーマンショック前の状態まで回復している(図表1)。円安に伴う輸出効果(数量より価格面の上昇が寄与)に加え、消費税率引き上げ前の駆け込み需要などが収益増に寄与しているとみられる。

 収益が急回復をみせている中、依然として冴えないのが国内設備投資である。10-12月期の設備投資は前年比4.0%と3四半期連続で前年を上回ったものの、経常利益が2桁増の勢いをみせているのに比べると明らかに力強さはない(図表2)。

図表1 企業収益の推移


図表2 国内設備投資の推移





 ■藤原 裕之(ふじわら ひろゆき)
略歴:
弘前大学人文学部経済学科卒。国際投信委託株式会社(現国際投信投資顧問)、ベリング・ポイント株式会社、PwCアドバイザリー株式会社を経て、2008年10月より一般社団法人 日本リサーチ総合研究所 主任研究員。専門は、リスクマネジメント、企業金融、消費分析、等。日本リアルオプション学会所属。

※詳しい経歴・実績はこちら





 

続きをご覧いただくにはログインして下さい

この記事は、無料会員も含め、全コースでお読みいただけます。
ご登録がお済みでない方は、「NEXT[新規登録]」からお申込みください。

  • LOGIN
タグ
グローバル化 , 藤原裕之

  • シェアする
  • ツイッターでつぶやく
一覧に戻る
■第15回マールM&Aセミナー|2017年2月9日|データで読み解くベンチャー投資の最新動向 ~成長・注目分野と事業会社のベンチャー投資を分析~|北村 彰 氏(株式会社ジャパンベンチャーリサーチ 代表取締役)

[無料セミナー] 相続と事業承継M&A -成功と失敗の分水嶺はどこに?|株式会社レコフ|2016年12月12日 15:00~

日本企業のM&A分析ツール|レコフM&Aデータベース|日本企業のM&Aデータを5万件超を収録|日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツール
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。
レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

編集部から|次号予告、編集後記など
M&Aアンケート

「MARR2016」(M&Aレポート2016)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop