レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データを読む]

2019年5月号 295号

(2019/04/15)

「CVCによるベンチャー企業へのM&A動向」年間投資1355億円。国内外で活発化

 事業会社が自ら設立した投資会社や投資ファンド、いわゆる「CVC(コーポレート・ベンチャー・キャピタル)」によるベンチャー企業へのM&Aは、2018年に279件、1355億円と、件数、金額ともに過去最高を更新した。1000億円を超えたのは初めて。今年も3月までで76件と前年同期を55.1%上回り、引き続き国内外で活発だ。通信・IT関連企業などに加え、鉄道、自動車、電力、総合商社などの大企業へと広がっている。2010年以降の累計は999件、3775億円に上り、投資実績も徐々に積み上がってきている。今後も新規事業創出に向けた事業連携の動きがますます活発化しそうだ。


1-3月の動き

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

日本電産<6594>、オムロン<6645>の車載電装部品製造子会社を約1000億円で買収

速報・トピックス

【第2回】  シナジーの網を広く張る: シナジー検討のあるべきアプローチ

スキルアップ

[【PMI】 攻めのPMI -企業価値最大化の契機としてのM&A(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

NEW 【第2回】 シナジーの網を広く張る: シナジー検討のあるべきアプローチ

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー パートナー)
加藤 千尋(マッキンゼー・アンド・カンパニー アソシエイト・パートナー)

M&A専門誌 マール最新号

M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム