レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[マールレポート ~企業ケーススタディ~]

2019年9月号 299号

(2019/08/15)

【アドバンテッジパートナーズ】地域の銘菓・名産品メーカーの支援受け皿「日本銘菓総本舗」設立の狙い

各地域の銘菓や名産品の再生、成長を図る

左から市川 雄介(アドバンテッジ パートナーズ パートナー)、村上 諒陛(同 シニア アソシエイト)
左から市川 雄介(アドバンテッジ パートナーズ パートナー)、村上 諒陛(同 シニア アソシエイト)
 アドバンテッジパートナーズ(以下、「AP」)はこのほど、日本の地方創生に寄与する取り組みとして、地域の銘菓・名産品メーカーを中心に事業承継等の受け皿の役割を果たす「日本銘菓総本舗」を立ち上げた。AP がサービスを提供するファンドは、これまでにポッカ・クラシエフーズ、成城石井、コメダ珈琲等の食品・フードサービス分野に多数の投資行ってきた。それらの投資を通じて、食品・フードサービス・チェーンオペレーションの経営ノウハウを蓄積してきており、そうした経営ノウハウを活かして各地域の銘菓や名産品の再生、成長支援を図っていくという。

 PEファンドの活動としては珍しい受け皿会社の設立について、APの2人の担当者に聞いた。

<インタビュー>
成長資金、事業承継、事業再生など様々なニーズに柔軟に対応

 市川 雄介(アドバンテッジ パートナーズ パートナー)
 村上 諒陛(同 シニア アソシエイト)

「日本銘菓総本舗」を設立した経緯

―― まず、「日本銘菓総本舗」を設立した経緯を教えてください。

市川 「現段階では社名の公表ができないのですが、東日本のある県を代表するお菓子メーカーの事業承継の案件があり、その案件の検討に際して地方の銘菓メーカーが事業承継をはじめ、様々な課題を抱えているということが分かりました。最初の契機となった会社を事業承継するに当たって、幅広く共通した課題を抱える企業を支援するためプラットホームを作った方が良いのではないかと考えたのです」

―― 投資家の目線から見たメリットはどのような点にあると見ていますか。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

【第9回】常陽銀行  営業推進部 総合金融サービス室

企業研究

[地域金融機関に聞く「M&Aによる地域活性化の現場」]

NEW 【第9回】常陽銀行  営業推進部 総合金融サービス室

聞き手:日本政策投資銀行 企業戦略部

M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム