レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[書評]

2015年6月号 248号

(2015/05/20)

今月の一冊 『日本の針路』

 薮中 三十二 著/岩波書店/2000円(本体)

今月の一冊 『日本の針路』薮中三十二 著/岩波書店/2000円(本体)  「熟田津(にぎたつ)に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」

  万葉集に収められた額田王(ぬかたのおおきみ)のこの有名な歌を引用しながら立命館大学総長特別招聘教授の薮中氏は日本の東アジア外交史論を説き始めている。この歌は、西暦661年、斉明天皇が百済復興のため自らが北九州に向かう途中、愛媛の松山の港に寄ったときに詠んだものである。ちなみにある万葉集の研究者によれば、額田王のつくる歌は古代韓国語と倭語の両方で読めてしかも意味がそれぞれ違い、それが暗号の伝達となるように詠んだ天才だったという。

  百済は、唐と新羅の連合軍の攻撃によって滅亡の危機に瀕し、中大兄皇子は百済を救うために唐と新羅の連合軍と戦うことを決めた。中大兄皇子は百済王子と親しく、人質として20年間飛鳥にいた王子を百済に送り返し、百済王朝を復活させようとしていた。663年、倭国は白村江(はくすきのえ)の戦いで唐・新羅連合軍に敗れ、そして百済は完全に滅亡した。

  薮中教授がこの物語から書き始めたのは、唐・新羅連合軍と倭の戦いが現在の中国・韓国が共同して日本を攻めたてている状況と重なって見えるからという。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

<新連載>【第1回】 M&Aコミュニケーションの基本

スキルアップ

[【IR戦略】海外M&Aを成功に導くためのコミュニケーション戦略(アシュトン・コンサルティング)]

NEW <新連載>【第1回】 M&Aコミュニケーションの基本

ダン・アンダーウッド(アシュトン・コンサルティング 最高経営責任者)

「敵対的TOB案件と公開買付代理人一覧」最新データ

速報・トピックス



M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム