レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A速報

随時
更新

マール企業価値研究グループ

  新型コロナ禍でインバウンド需要が激減したあおりを受けた資生堂は、直近の決算(20年12月期)で、最終損益が116億円の赤字となった。電子商取引(EC)が伸び、中国での化粧品販売が回復したもののインバウンド需要の大幅な落ち込みを埋めることはできなかったようだ。

 このコラムでは約1年半前(19年10月)に資生堂の米国市場攻略や高級化路線に向けた動きを、当時進行中であった経営計画(VISION2020)を参考にしながら記した。そしてこの厳しい決算を受けてより高次元での成長加速の必要性が高まっている。既に21年2月に同社は事業構造の抜本的見直しを公表している。同社HPに公表されたリリースによると、グローバルに展開するパーソナルケア事業(TSUBAKIやSENKAなどの日用品事業)を欧州系の投資ファンド(CVC キャピタル・パートナーズ)に売却(会社分割)し、同ファンドが出資している運営会社に株主として(35%)経営参画するというものである。CVCは81年創業で、世界23拠点で事業展開するプライベート・エクイティ・ファンド。豊富な資金力を背景にリテール関連業界で多くの投資実績がある。...
[PEファンドのトップに投資戦略を聞く④]世界最大規模のPEファンドが対日投資を倍増させる理由

座談会・インタビュー

[特集インタビュー]

[PEファンドのトップに投資戦略を聞く④]世界最大規模のPEファンドが対日投資を倍増させる理由

 赤池 敦史(シーヴィーシー・アジア・パシフィック・ジャパン 代表取締役社長 パートナー)

カーブアウト型M&Aにおける法的留意点

M&A戦略・実務

[M&A戦略と法務]

カーブアウト型M&Aにおける法的留意点

十市 崇(TMI総合法律事務所 パートナー弁護士)
福田 輝人(TMI総合法律事務所 弁護士)

日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

マーケット動向

[M&A四半期レポート・統計]

NEW 日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

【第3回】取締役会はいかに価値創造に貢献するべきか

スキルアップ

[【企業変革】価値創造経営の原則と実践(マッキンゼー・アンド・カンパニー)]

【第3回】取締役会はいかに価値創造に貢献するべきか

野崎 大輔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
柳沢 和正(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 パートナー)
呉 文翔(マッキンゼー・アンド・カンパニー 日本支社 アソシエイト・パートナー)

【第3回】 M&A戦略の類型(1)市場浸透型

スキルアップ

[【M&A戦略】M&A戦略立案の要点(三菱UFJリサーチ&コンサルティング)]

【第3回】 M&A戦略の類型(1)市場浸透型

木俣 貴光(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コーポレートアドバイザリー部 部長 プリンシパル)

【第126回】【NHCの安東会長が語る】新会社「ポストコロナ・リカバリー」設立と企業再生スキーム

座談会・インタビュー

[Webインタビュー]

【第126回】【NHCの安東会長が語る】新会社「ポストコロナ・リカバリー」設立と企業再生スキーム

安東 泰志(ニューホライズン キャピタル 代表取締役会長)

資生堂:コア事業への経営資源集中でアフターコロナの成長を加速

速報・トピックス

[M&Aスクランブル]

NEW 資生堂:コア事業への経営資源集中でアフターコロナの成長を加速

マール企業価値研究グループ

日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

マーケット動向

[M&A四半期レポート・統計]

NEW 日本企業のM&A 四半期統計(2021年1-3月)

速報・トピックス

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

3月は467件 月間最多。日立、初の1兆円買収

速報・トピックス

2021年1-3月のM&A件数と金額

2021.3.31現在 集計
 IN-ININ-OUTOUT-IN合計
件数 (件)842141751,058
増加率11.4%-25.8%74.4%7.0%
金額 (億円)10,63020,0988,52739,256
増加率16.5%203.7%152.3%105.3%
  • ※2020年1-12月の日本企業のM&A動向は、こちら
  • ※増加率は前年同期比 [M&Aとは]

ピックアップ

公開買付け

第159回 公開買付けにおける実務上の留意点

[M&A戦略と会計・税務・財務]

第159回 公開買付けにおける実務上の留意点

黒沢 潤(PwCアドバイザリー合同会社 マネージャー)

M&A制度

[座談会]2020年の企業法制の振り返りと論点 ~ 事業再編実務指針を踏まえた事業ポートフォリオマネジメント/ストラテジックレビュー

[対談・座談会]

[座談会]2020年の企業法制の振り返りと論点 ~ 事業再編実務指針を踏まえた事業ポートフォリオマネジメント/ストラテジックレビュー

【出席者】(五十音順)
秋山 健太(ラザードフレール 代表取締役社長兼COO)
安藤 元太(経済産業省 産業組織課長)
吉村 典久(大阪市立大学大学院経営学研究科 教授)
武井 一浩(西村あさひ法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

2021年1-3月のM&A件数と金額

2021.3.31現在 集計
 IN-ININ-OUTOUT-IN合計
件数 (件)842141751,058
増加率11.4%-25.8%74.4%7.0%
金額 (億円)10,63020,0988,52739,256
増加率16.5%203.7%152.3%105.3%
  • ※2020年1-12月の日本企業のM&A動向は、こちら
  • ※増加率は前年同期比 [M&Aとは]
M&A専門誌 マール最新号

マールマッチング
M&Aフォーラム
NIKKEI TELECOM日経テレコン
日経バリューサーチ

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム