「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aをどこよりも網羅的に即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。 日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツールとして、M&A業務に携わる方々、企業経営者、研究者の必須アイテムです。

「レコフM&Aデータベース」
ユーザーインタビュー

関連記事

M&A速報

随時更新

一覧へ

2022年1-7月のM&A件数と金額

2022.7.31 現在 集計
 IN-ININ-OUTOUT-IN合計
件数 (件)2,0053481862,539
増加率3.8%-5.7%2.8%2.3%
金額 (億円)21,29221,65822,86365,813
増加率4.5%-56.1%-13.8%-31.6%
  • ※2021年1-12月の日本企業のM&A動向は、こちら
  • ※増加率は前年同期比 [M&Aとは]

最新記事

一覧へ

トピックス

企業価値評価・DD

一覧へ
第178回 ESGデューデリジェンス(ESG DD)の実務に向けて

第178回 ESGデューデリジェンス(ESG DD)の実務に向けて

[M&A戦略と会計・税務・財務] 企業価値評価・DD

小松 健太(PwCアドバイザリー合同会社 シニアマネジャー)

PEファンド

一覧へ

M&A制度

一覧へ
[座談会]スピンオフ実務の進め方と課題 - 米国実務との比較において

[座談会]スピンオフ実務の進め方と課題 - 米国実務との比較において

[対談・座談会] M&A法務 M&A会計税務 事例研究 北米 弁護士 M&A制度 スピンオフ税制

【出席者】(五十音順)
種田 謙司(Skadden, Arps, Slate, Meagher & Flom LLP パートナー 弁護士)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー 弁護士)
平川 雄士(長島・大野・常松法律事務所 パートナー 弁護士)
----------------------
玉井 裕子(長島・大野・常松法律事務所 パートナー 弁護士)(司会)

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー・人材育成塾

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」は、「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」とのシステム連携サービスです。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ 日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞社が運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。