M&A専門誌マール 2022年7月号 333号(2022/06/15発売)

特集: 企業変革手段としてのM&Aの新潮流Season2 

デロイトトーマツコンサルティングによる新連載『企業変革手段としてのM&Aの新潮流Season 2』が始まります。本連載では、特に昨今経営者の課題認識が色濃いDX/GXに焦点を当て、ケーススタディを軸に、変革実現に向けてどのようにM&A・アライアンスを活用できるかを深掘りしていただきます。第1回は「特集対談」として、総額でおよそ8600億円を投じて、米ソフトウェア企業のブルーヨンダーの買収を成し遂げられたパナソニック コネクト代表取締役 執行役員 社長兼CEOの樋口泰行氏をお迎えし、デロイトトーマツグループ執行役の松江英夫氏と、樋口氏が実践されている企業変革の要諦やそれに基づく日本企業への示唆などについて議論していただきました。『私のミッションは、私の担当するビジネスを長期的にサステナブルなプロフィットが出る事業体に変えて次世代に引き継ぐという1点です』、『ブルーヨンダーのSaaS強化に取り組むこと、ブルーヨンダーに注力することが、パナソニックの企業価値向上に得策だと考えています』と語る樋口氏。経営トップの本音の議論は必読です。

今月のコンテンツ

M&A専門誌マールのお申込み

「「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

M&A専門誌「MARR(マール)」を申し込む

購読お申込み

刊行一覧 2022年

年別一覧

アクセスランキング