レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

M&A専門誌マール 2020年4月号 306号(2020/03/16発売)

特集:
「公正なM&Aの在り方に関する指針」下における実務上の課題

2019年6月28日に経済産業省が『公正なM&Aの在り方に関する指針』を公表して8カ月余り。その後、公表されたMBOや上場子会社の100%化に伴う親子上場の解消案件では、上場子会社の手続きに少しずつ変化が生じている。指針は、法的拘束力をもつ法的規範ではなく、いわゆる『ソフトロー』ではあるが、指針が果たす役割は日本のM&A実務においてますます大きくなっていくものと思われる。本特集座談会では、濱口耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)の司会・進行のもと、M&A実務の最前線でご活躍のKen Lebrun(デービス・ポーク・アンド・ウォードウェル外国法事務弁護士事務所 パートナー)、今関源規(三菱UFJモルガン・スタンレー証券 投資銀行本部 M&Aアドバイザリー・グループ マネージングディレクター)、西村修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)の弁護士、ファイナンシャル・アドバイザー(FA)の方々にお集まりいただき、それぞれの立場から、指針の実務上の課題や実務に与える影響に加え、実務上の落としどころ、勘所や今後の展望について議論していただいた。データを読む『親子上場の解消動向』と合わせてお読みいただきたい。

【出席者(敬称略)】
Ken Lebrun(デービス・ポーク・アンド・ウォードウェル外国法事務弁護士事務所 パートナー)
今関 源規(三菱UFJモルガン・スタンレー証券 投資銀行本部 M&Aアドバイザリー・グループ マネージングディレクター)
西村 修一(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)
濱口 耕輔(長島・大野・常松法律事務所 パートナー弁護士)(司会)

今月のコンテンツ

NTT、東京センチュリーと資本業務提携

マーケット動向

[マーケットを読む ~今月のM&A状況~]

NTT、東京センチュリーと資本業務提携

第180回 フィットネスクラブ業界 M&Aによる寡占化が進みつつも新規参入により競争が激化

マーケット動向

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第10回)

M&A戦略・実務

[【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々]

【小説】グローバル経営改革 ~ある経営企画部次長の悩み深き日々(第10回)

2020年2月の全国・地域別M&A状況

マーケット動向

[地方のM&A~中小企業の事業承継・事業再生と地域金融機関の対応~]

2020年2月の全国・地域別M&A状況

次号予告と編集後記(2020年4月号)

その他

統計(表とグラフ)

グラフ&データ

[統計(表とグラフ)]

統計(表とグラフ)

公表アドバイザー情報

グラフ&データ

[公表アドバイザー情報]

公表アドバイザー情報

刊行一覧 2020年

M&A専門誌マールのお申込み

「MARR(マール)」は日本で唯一のM&A専門誌。
「記事編」(WEBでご提供)と「統計とデータ編」(雑誌でご提供)で構成されています。

  • M&A専門誌「MARR(マール)」について
  • 「統計とデータ」について
  • M&A専門誌「MARR(マール)」お申し込み

年別一覧

  1. 2020年刊行一覧
  2. 2019年刊行一覧
  3. 2018年刊行一覧
  4. 2017年刊行一覧
  5. 2016年刊行一覧
  6. 2015年刊行一覧
  7. 2014年刊行一覧
  8. 2013年刊行一覧
  9. 2012年刊行一覧
  10. 2011年刊行一覧
  11. 2010年刊行一覧
  12. 2009年刊行一覧
  13. 2008年刊行一覧
  14. 2007年刊行一覧
  15. 2006年刊行一覧

M&A記事ライブラリー

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム