トピックス

ピックアップ

2018年01月10日(水)
ある海外M&A研究会委員の独り言 「そうか、“M&Aリテラシー”を高めるってそういうことか」

  昨年8月に発足した経済産業省「我が国企業による海外M&A研究会」に委員として参加している。委員会設置の背景・目的などの詳細は、経済産業省HPに記載されているのでご参照いただきたい(http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170824001/20170824001.html)。平たく言えば、これまでの経験知(成功体験と失敗体験の両方を含む)を集約し、海外企業へのM&Aをもっとうまくやるために、ポイントをわかりやく整理して広く参考にしてもらいましょう、という研究会のようだ。   経験知を数値でみてみると、海外M&A(IN-OUT)が国内M&A(IN-IN)を金額ベースで上回ったのは2006年。その2006年から2017年までの12年間、海外M&Aの件数累計は5730件、金額累計は80兆円。経験知をまとめる対象としては、十分すぎる件数・金額が積みあがっているし、その中で、多くの成功事例・失敗事例が生まれている。現時点で、「わかりやく整理する」ことは、十分に価値があることだろう。日本企業の海外買収攻勢は、これからの10年も間違いなく継続していくだろうし、海外M&Aを「うまくやれるかどうか」が、日本企業の将来に大きなインパクトがあることは間違いない。   海外M&Aをうまくやるという言葉の意味も、2006年以降大きく変わってきた。変わったというより進化した、と言ったほうが適切かもしれない。10年前、「うまくやる」の意味は、対象会社を買収すること自体を意味したが、現在は、「当初設定した目的を、M&Aを活用して達成する」という意味に変わった。M&Aは経営目標達成の手段であることが確認され、当初の目的を達成するまで、つまり、ポスト・マージャ―・インテグレーション(PMI)までを含めてM&Aのプロセスと認識されつつある。(実際、今回の海外M&A研究会の委員は、大学の先生3名、弁護士の先生2名と、民間のコンサル等から、グローバルなグループ管理体制に詳しいKPMGの林氏、PMIの第一人者デロイトトーマツの松江氏、レコフデータの筆者で構成されている。)   広く参考にしてもらいたい人々も変わりつつある。M&Aに関係する人と言うと、経営陣と経営企画、法務、財務のコーポレートスタッフが思い浮かぶが…  

潜望鏡

普段は海底に潜んでいる潜水艦が、時々、浮上して、海上の偵察に使うのが潜望鏡です。そんな潜望鏡のように、時々浮上して、M&Aに関する事象について、コラムで一言。

■第20回マールM&Aセミナー|効果的なPMIのための組織・人事 ~失敗と成功の事例から学ぶ~|株式会社セレブレイン 高城幸司氏/幸前夛加史氏|2月7日(水)17:30開催
<速報>公表アドバイザー情報
  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
■M&A用語集
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール
皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。

 

レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop