トピックス

ピックアップ

2017年05月10日(水)
小売業界最大のIN-OUTを発表したセブン&アイ・ホールディングス

 セブン&アイ・ホールディングスは、米国孫会社でコンビニエンスストア事業の7-Eleven,Inc.(テキサス州)を通じて、コンビニエンスストア事業、ガソリンスタンド事業を運営する米国企業のスノコLP(同州)から事業の一部を譲り受けると発表した。スノコLPの営業収益(売上高)は8379億円(77億300万ドル)、また、店舗数は1345店舗であり、7-Eleven,Inc.はこのうち1108店舗を譲り受ける。取得予定金額は約3660億円(33億5600万ドル)、2017年8月に完了予定であり、これが実現すれば日本の小売業のM&Aの中では2005年のイトーヨーカ堂、セブン-イレブン・ジャパン、デニーズジャパンの経営統合(セブン&アイ・ホールディングスの発足)に次ぐ2番目の規模、また、小売業のIN-OUTでは過去最大となる(図表1)。  イトーヨーカ堂が米国最大のコンビニエンスストアチェーンのサウスランド社とライセンス契約を締結しヨークセブン(現セブン-イレブン・ジャパン)を設立したのは1973年のことであり、1974年にセブン-イレブン・ジャパン1号店を豊洲に出店。1991年には経営難に陥っていたサウスランド社の経営権を取得した。その後、サウスランド社はイトーヨーカ堂グループの財務支援、経営支援の下、不採算店舗の閉鎖、ディスカウント路線の廃止、単品管理による品揃え、物流の効率化及び外注化などを行い、再建を果たした。そして1999年には社名を7-Eleven,Inc.に変更。2005年に発足したセブン&アイ・ホールディングスは、同年グローバル戦略の推進を目的に7-Eleven,Inc.を完全子会社化している。  セブン&アイ・ホールディングスは北米において7-Eleven,Inc.を通じ…  

潜望鏡

普段は海底に潜んでいる潜水艦が、時々、浮上して、海上の偵察に使うのが潜望鏡です。そんな潜望鏡のように、時々浮上して、M&Aに関する事象について、コラムで一言。

■第17回マールM&Aセミナー|2017年6月22日(木)開催|教科書には載っていないグローバルM&Aの実際(難所と勘所)~社運を賭けた買収プロジェクトの現場から~(日本板硝子 加藤氏)

 

  • M&A専門誌マール 最新号
  • M&A専門誌マールのお申し込み
  • 商品のFAXお申込書
アクセスランキング

キャンペーン情報|M&A専門誌マールを無料でお試しいただけます
次号予告と編集後記|M&A専門誌マール

皆様からのご意見・ご要望をお待ちしております。
レコフM&Aデータベース

LOGIN

  • 特徴と機能についてをムービーでご紹介。
  • MOVIE
  • トライアルはこちら
M&A専門誌マール
  • M&A専門誌マール
  • お申込みはこちら

具体的なM&Aのご相談はこちらへ

企業戦略に沿ったM&A実現をサポート 株式会社レコフ

レコフ クロスボーダーセミナー

M&Aアンケート

「MARR2017」(M&Aレポート2017)の「第4部 アンケート調査」から抜粋。Aコース会員・EXコース会員向けの限定コンテンツです。

worlding
日経バリューサーチ
NIKKEI TELECOM日経テレコン

日経テレコンの「レコフM&A情報」では、M&A、グループ内M&A、分社・分割、持株会社などの関連データのほかに、防衛策データも提供しています。

 

SPEEDA
M&Aフォーラム
pagetop