レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

レコフデータ サービス紹介

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。M&Aを経営戦略として考えている経営者やM&A関連の業務に従事する方々、大学や調査機関でM&Aを研究する方々に欠かせない専門誌です。
サービス詳細

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。案件の抄録(要約文)は、時の「キーワード」などを埋め込んで簡潔にまとめてあり、当事者の概要、スキーム、M&Aの目的などを一目瞭然で理解できます。さらに、1つの案件をマーケットや形態、当事者の業種など、多くの項目で分類しているため、様々な角度で分析することができます。また、作成したデータにその後のスキームの変更やTOBの動向、敵対的M&Aの攻防なども随時、追加・更新しています。日本のM&A市場、業界再編動向、企業戦略などの分析ツールとして、M&A業務に携わる方々、企業経営者、研究者の必携品です。
サービス詳細

プロフェッショナル向けデータ提供サービス

レコフデータは、プロフェッショナル向けのデータ提供サービスを行っています。第一弾として、レコフデータがM&Aデータ、グループ内M&Aデータに収録する第三者割当の案件のうち、上場企業が実施する案件の詳細を当事者の開示資料をもとに作成した第三者データを有料でご提供します。
サービス詳細

データ検索サービス

M&A、グループ内M&A、M&A関連データを、個別のニーズに応じて検索・集計し、有料でご提供しています。
サービス詳細

受託調査

レコフデータは、官公庁などからM&Aに関する調査を受託しています。
サービス詳細

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。「SPEEDA」上の企業、業界ページにてM&A情報を取得できる他、それぞれログイン画面よりコンテンツ内に入り、両システム内を自由に行き来し、閲覧する事ができるサービスです。
サービス詳細

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。最新のM&Aデータ、グループ内M&Aデータ、分社・分割、持株会社などのM&A関連データのほかに、防衛策データも提供しています。2012年7月からは、同じく同社がリリースした企業・業界分析の会員制有料サービス「日経ValueSearch」を通じても提供しています。
M&A専門誌 マール最新号

アクセスランキング

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム