レコフデータは1985年以降のM&Aデータベースを構築しています

キーワード 一覧

[データを読む]

2020年2月号 304号

(2020/01/20)

「公開会社による第三者割当」年間89件。うち支配権の異動は10件

 M&A案件のうち、公開会社が第三者割当を使うケースは2019年1年間で89件あった。うち、支配権の異動を伴う案件(形態:買収)は10件に留まっている。業績不振の企業がグループ企業や再生ファンドなどに救済を求めるケースが殆どだが、中にはヤマハ発動機、新川、アピックヤマダの経営統合に活用されるなど、前向きな業界再編のスキームとして使われるケースも見られる。第三者割当については、2009年の東証の制度改正、2014年の会社法改正などで規制が強化された結果、安易な増資に歯止めがかかった格好だ。これまでの動きをまとめた。


2019年1-12月の動き

 89件のマーケット別内訳はIN-IN(日本企業が引き受けるケース)77件、OUT-IN(外国企業が引き受けるケース)12件で、OUT-INが前年の6件から倍増した。形態別内訳は「買収」10件、「資本参加」60件、「出資拡大」19件で、支配権の異動を伴う「買収」は1割強に留まっている。

この記事は、Aコース会員、Bコース会員、Cコース会員、EXコース会員限定です

*Cコース会員の方は、最新号から過去3号分の記事をご覧いただけます

マールオンライン会員の方はログインして下さい。その他の方は会員登録して下さい。

[無料・有料会員を選択]

会員登録

バックナンバー

おすすめ記事

2020年1-3月の日本企業のM&A動向

マーケット動向

[M&A四半期レポート]

NEW 2020年1-3月の日本企業のM&A動向

【第10回(最終回)】中堅中小企業の財務・税務デューデリジェンスの実態について

スキルアップ

[【事業承継】中堅中小企業の事業承継M&A ~会計税務の実務上の頻出論点~(M&Aキャピタルパートナーズ)]

NEW 【第10回(最終回)】中堅中小企業の財務・税務デューデリジェンスの実態について

桜井 博一(M&Aキャピタルパートナーズ 企業情報第二部 公認会計士・税理士)

M&A専門誌 マール最新号

M&A専門誌マール

M&A専門誌マール

「MARR(マール)」は、日本で唯一のM&A専門誌で、「記事編」と「統計とデータ編」で構成されています。

レコフM&Aデータベース

レコフM&Aデータベース

「レコフM&Aデータベース」は、日本企業のM&Aなどどこよりも網羅的に、即日性をもって構築している日本で最も信頼性の高いデータベースです。

セミナー

セミナー

マールの誌面にご登場いただいた実務家、研究者などM&Aの専門家を講師としてお招きし、成功に導くポイント、M&Aの全体プロセスと意思決定手続き、実証研究から見た分析などについてご講演いただきます。

SPEEDA RECOF

SPEEDA RECOF

「SPEEDA RECOF」とは「レコフM&Aデータベース」と株式会社ユーザベースが開発・運営する企業・業界情報プラットフォームである「SPEEDA」がシステム連携します。

NIKKEI TELECOM日経テレコン 日経バリューサーチ

日経テレコン

2002年7月に、日本経済新聞デジタルメディアが運営する日経テレコンの「レコフM&A情報」を通じてM&Aデータの提供を開始しました。

M&Aに関するお問い合わせ、ご相談は
こちらからお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせフォーム